2024.04.11

医師転職失敗例から学ぶ転職活動で重要なポイント

おすすめ求人

アスク美容クリニック銀座(常勤)

『患者様の喜びが全て』という理念のもと、悩みに全力で向き合い、一人でも多くの方にご満足をお届けできるクリニックを目指しています。
完全予約制のクリニックのため、残業もほとんどありません。仕事とプライベートの両立を重視されている方におススメです。

  • アスク美容クリニック銀座
  • 東京都中央区
  • 年収:1,600万円
美容皮膚科 タカミクリニック(非常勤)

都内でオンライン診療(ニキビ問診)のみのお仕事です。
皮膚科の先生であれば週1日~勤務可能!

  • 美容皮膚科 タカミクリニック
  • 東京都港区
  • 年収:1,600万円
    日給:8万円
医療法人 四つ葉会 東京院(常勤)

新規開院による常勤管理医師の募集です!
形成外科専門医、皮膚科専門医は優遇します。

  • 医療法人 四つ葉会 東京院
  • 東京都千代田区
  • 年収:1,800~2,200万円
    日給:8万円

当記事をご覧になられている方は、直近での転職活動を考えている方が多いでしょう。今の職場に不満を抱いている、または満足していないなどさまざまな理由で転職を考える方は少なくありません。

今回は、医師の転職を成功させるコツについて、転職失敗事例から読み取っていきます。

どれくらいの医師が転職に失敗しているのか?

転職を考える人の多くは、給料アップ、待遇改善、スキルアップなど、明るい未来を想像していることと思います。しかし、転職は必ずしも成功するわけではありません。それどころか、転職した後に「失敗だった」と感じる人も多くいます。

事実、転職経験がある医師のうち、転職後に「失敗した」と感じたことがある人は約45%、半数近くにもなるそうです。

参考:45%が「失敗」の経験あり…医師が転職で後悔しないための3つのポイント

2〜3人にひとりの医師が転職に失敗していることを考えると、なんの対策もせずに転職活動をするのはとてもリスキーであり、失敗の可能性が高いと言えます。

転職失敗を避けるために、これから解説する以下の内容を押さえておきましょう。

・失敗と感じた理由
・転職活動で気を付けるポイント
・転職活動を行ううえで大切なポイント

医師転職に失敗したと感じる理由は?

まずは、医師が転職に失敗したと感じる理由を見ていきましょう。
失敗の理由を把握し、適切な対策をすることで、転職を成功に導くことができます。

転職失敗の理由は多岐にわたりますが、中でも多いのは次のようなものです。

給料や勤務時間、勤務日数などの勤務条件の違い

転職失敗の理由としてもっとも多いのは、給料や勤務時間、勤務日数をはじめとした勤務条件が入職前に聞いていた話と違うという内容です。

例えば、採用面談時に伝えられた給与が色々な手当込みの数字だったため、実際に入職してみると基本給が下がってしまった、という事例が挙げられます。

また、残業手当有りと伝えられていたのに実際は支払われなかった、ボーナスが加算されなかった、勤務時間や勤務日数が採用面接時の説明と違うなどの理由から、転職を失敗と感じた医師もいます。

こうした勤務条件の違いによる転職の失敗を減らすには、きちんと契約書を確認することが大切です。口頭では聞いていたものの、契約書には記載がなく、インセンティブが支給されなかったといった事例もあるのでご注意ください。

勤務内容のギャップ

こちらの理由も勤務条件と同様、入職前に聞いていた話と違うことが、転職失敗と感じるようです。

ただし、比較的明確な勤務条件と違い、勤務内容はイメージが先行してしまう部分があるため、勤務条件よりもギャップを感じやすいかもしれません。

例えば、以前の職場より残業が多く、また時間も長いので、自宅に帰れない日が続いて想像以上に激務な現場だった、なんて事例があります。

他には、当直や待機のノルマが思っていた以上にキツい、「多くの症例を経験したい」と転職したのに担当業務がイメージと違かったなどの理由で、転職の失敗を感じた医師もいます。

勤務内容はやりがいやキャリアアップに関わる部分です。入職前に、具体的な勤務内容をできる限り詳細に聞いておくことをおすすめします。

人間関係

前の職場を、人間関係が理由でやめた方は、新しい職場でも人間関係が理由で転職を失敗と感じるケースが多いです。

特に多いのは、上司と考え方が合わずに悩んでしまうケースです。こうした人間関係は入職するまで分かりづらいので、対策が難しい部分でもあります。

人間関係による転職の失敗を防ぐには、入職前に職場の人間関係について、採用担当に確認しておくのが良いでしょう。また、職場を見学して、雰囲気を感じておくのも1つの手段です。

自己分析不足

転職前には、「なぜ転職がしたいのか」「どのような働き方をしたいのか」などの自己分析をします。
しかし、この自己分析が甘いと、入職した後に待遇や仕事内容に不満が生じ、転職に失敗したと感じることがあります。

後ほど、「転職活動で気をつけたいポイント」でも解説しますが、しっかりと自己分析をして「なぜ転職したいのか?」という転職の動機や、「どんな条件で働きたいのか」「どんな環境で働きたいのか」などの希望を絞り込んでおくことが、後悔しない転職をするポイントの1つです。

情報収集不足

入職前と入職後のギャップで悩まされる原因としては、情報収集が不足していたことも挙げられます。そうした情報収集不足が理由で、転職の失敗を感じる方も少なくありません。

今の時代、インターネットを通して求人情報を確認し、そのまま応募するケースが多いですが、インターネット上に掲載されている情報だけだと不十分です。

また、知人の紹介だからと安心して転職したら、実際は自分に合わず失敗したというケースもあります。

自分で調べる場合も、友人に紹介してもらう場合も、情報収集は時間をかけて行いましょう。

もっとも良いのは、豊富な情報を持つ転職コンサルタントに相談することです。転職活動を始める際にはご検討ください。

焦り

勤務条件や勤務内容の確認不足、自己分析不足、情報収集不足などが起こるのは、「早く転職したい」という焦りが原因であることが多いです。

さらに、焦って転職することで自分に合わない職場を選んでしまう可能性もあります。

転職は一生の大きな節目にあたる時期ですし、失敗してしまうと再び転職活動をしなければならなくなります。

気持ちは焦っていても、転職活動は慎重に進めるようにしましょう。

経営体制の問題

業務内容や待遇に不満はなくても、そもそもの経営体制に問題があることから転職に失敗したと感じる医師もいます。

具体的には、転職先の経営者が詐欺を働いていた、病院の経営状況が悪かったなどの問題に直面した事例があります。

経営体制に難がある転職先は、今は問題がなくても後の人生に悪影響を及ぼす可能性が高いです。

転職先を探す時は、経営者や病院の経営体制もしっかりとチェックしましょう。可能であれば、実際に勤務していた医師の口コミ・評価も見ておくのがおすすめです。

スキルアップが望めない

転職を希望する医師の中には、スキルアップを理由としている人も多いです。そのような医師だと、スキルアップのための環境が整っていない職場へ転職した時に転職失敗を感じます。

例えば、研修先の指導医に人材育成への熱意がないケース、対応できる症例がごくわずかで限られているケース、手術の機会がほとんど得られないケースなどがあります。

スキルアップを目指して転職を決めた医師にとって、上記のような職場への転職は意味がないのと同じです。

採用面接時には、どのような形でスキルアップができるのか、どのように成長できるのかなどを訊いておきましょう。

希望の症例を経験できない

スキルアップに近い転職理由に、「経験したい症例がある」というものがあります。現在の勤務先で経験できないことから、経験できる勤務先へと転職を希望するケースです。

しかし、実際に転職してもすぐに希望の症例を経験できるとは限りません。経験できるまでに何年もかかるようであれば、それは転職失敗と感じるでしょう。

また、中には上司の医師ばかりが対応し、他の医師は雑用しか任されないといったケースもあります。

希望の症例がある場合は、該当の症例を経験するための条件や経験できるまでの目安の期間、自分がどの程度関われるのかなどを、採用面接時に質問しておくと安心です。

ノルマ負担が大きい

営業職や販売職でよく聞く「ノルマ」という言葉。医師には縁がないと思っている人がほとんどだと思います。しかし、実は病院や診療科によってはノルマ=売り上げ目標が設定されています。

それでも基本的には、達成できないからといって医師が減給などされることはありません。目標達成のために不要な検査や治療をするように命じられることもないのですが、ゼロでもないのが実情です。

ノルマ未達成の責任が医師にあるとされるような転職先だと、ノルマ達成の重要性、そして達成のための負担が大きく、転職を失敗したと感じるでしょう。

人事による決定

人事の決定によって思わぬ働き方を強いられてしまうケースです。

具体的には、人事からの命令によって遠方へ異動になってしまった、希望とは異なる科へ配属になってしまったなどのケースがあります。

このような人事の決定は断りたくても断れない場合が多く、「仕方なく受け入れるしかない」というのもまた転職の失敗を感じやすい理由と言えるでしょう。

知人の紹介のため辞めにくい

スムーズに転職できるからという理由で、知人から紹介された職場への転職を決める医師がいます。

確かに、知人からの紹介による転職はスムーズに進むことが多いですが、一方で万が一想像と違う職場でも、「紹介してもらった手前、辞めにくい」というリスクもあります。

知人からの紹介で転職する場合はすぐに転職を考えることがないように、勤務条件や勤務環境をしっかり確認し、職場見学などで人間関係についてもチェックしておきましょう。

転職に失敗するとどんな影響があるのか?

医師は比較的転職しやすい職業です。このため、転職に失敗しても「また転職すればいい」と考える人がいます。しかし、この考えは捨てましょう。

確かに医師が転職をしやすい職業であることは事実ですが、それでも転職の失敗を重ねることで、キャリア形成に失敗する恐れがあります。

後ほど詳しく解説しますが、転職には適したタイミングがあります。また、円満に転職(退職)するためには、せめて半年前には辞める意思を伝えなければなりません。

転職先が合わないと感じても、適したタイミングを見計らうのはもちろん、転職を決めてからも半年は同じ職場で勤務することになり、その間の期間は思うように成長できません。これは、医師のキャリア形成に大きな影響を及ぼします。

また、あまりにも転職が多いと次の転職が難しくなることも懸念されます。

限られた時間を有効活用し、後のキャリアに繋げるためには、とりあえず転職するのではなく、長く働き続けられる職場を探すことが大切です。

転職活動で気をつけたいポイント

失敗しないためのポイントは、以下の4つです。

・転職したい理由をまとめる
・譲れないポイントを決める
・複数の求人を比較する
・転職希望先の条件や環境を確認する

それぞれを詳しく説明していきます。

医師が転職したい動機をまとめる

転職先を見つける前に、「なぜ転職したいのか」を考えて明確にする事が大切です。なぜなら、今の職場に不満があるから、という理由だけで転職してしまうと、後悔してしまうケースがあるからです。

・今の職場への不満を明確にする
・転職しようという考えに至る理由は何か考える

転職理由を明確にする事によって自分の求める条件が見えてきます。ここで理由が明確でなければ、次の職場でも不満を感じてしまい、すぐに再転職したいと思うことになりかねません。つまり自分が今の職場でどういう部分に不満を抱いているのか、どうして転職したいという考えに至ったのかしっかり自己分析しておきましょう。

希望条件を限定し、優先順位をつける

なぜ転職したいのか、理由をまとめる事により次の転職先に求める条件が見えてきます。例えば、以下のような条件が挙げられます。

・希望年収は〇〇万円以上
・インセンティブ(歩合)が欲しい
・子どもが小さいから勤務時間の融通が利く

ただし、自分が希望する全ての条件に合う求人を探す事は難しいと言えます。そこで、これだけは譲れない、というポイントを決め、優先順位をつけると良いでしょう。希望条件を出来る限り満たす事で、自分に適した転職先が見つかります。

転職希望先について情報収集をする

転職の失敗は、情報不足や確認不足によって起こるケースが大半です。このため、転職希望先の情報収集は積極的に行いましょう。

仕事内容や勤務条件など、業務や待遇に直結する部分はもちろんですが、経営体制や人間関係の問題による転職失敗を防ぐために、職場見学も申し出てみましょう。

複数の求人を比較していく

複数の求人を比較する事も転職する際には重要なポイントです。厚生労働省が発表した令和4年4月分の一般職業紹介状況を見ると医師の有効求人倍率は2.82倍となっています。

出典:厚生労働省「一般職業紹介状況(令和4年4月分)について」参考統計表(https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_25839.html

この結果から分かるように、医師の有効求人倍率は比較的高いため、転職市場では有利と言えるでしょう。ただし、条件をしっかり確認しないと転職先が自分に合わないなど、転職失敗してしまうケースもあります。

自分に合う求人を見つけ、転職を成功させるためにも、複数の求人を比較して転職希望先を見つけるようにしましょう。

転職希望先の条件や環境を書面で確認する

転職先に求める条件や環境を決める事も大事なポイントです。医師が転職する際に注意すべき転職先のチェックポイントには以下の3つがあります。

・給与・待遇
・手当・ボーナス
・転職先の雰囲気

入職前に提示されている年収が良くても実際は手当込みという場合や、求人に掲載されていた勤務時間より大幅に残業して過酷な労働環境という場合、また職場の雰囲気が悪い事もあるでしょう。

つまり転職してから後悔しないように、面接で条件を詳しく聞いたり、口コミサイトなどを参考にしたり、実際に見学して事前に確認しておくと、失敗を防げるでしょう。

ただし、これらの条件や環境に関する説明を口頭で受けただけでは安心できません。仕事が始まってから「話が違う」と感じても、言った言ってないの水掛け論になってしまう恐れがります。

大事な内容はすべて契約書などの書面で確認するようにしてください。

スケジュールにゆとりを持たせる

転職活動は、必ずスケジュールにゆとりを持たせて行いましょう。

例えば退職する日が先に決まっていると、退職日が近づいているのに転職先が決まらず、焦ってさほど確認せず次の職場を決めてしまうといった事態が起こりやすいです。

転職に焦りは禁物です。次の職場が決まってから今の職場に転職の意思を伝えるなど、必ずスケジュールにゆとりを持たせた活動をしましょう。

医師転職のコンサルタントに相談することも大切

転職活動で気をつけたいポイントを5つ挙げましたが、実際に転職活動をする時に、すべて自分の力で進めていくのは大変です。

特に業務の負担が大きく、残業も多い方だと、自己分析や情報収集に時間を割けないというケースもあるでしょう。

一人での転職活動が難しいと感じたなら、医師転職のコンサルタントに相談することが大切です。

転職コンサルタントは、仕事柄、求人状況を含む医療業界の情報に精通しています。それだけではなく、今までに多くの医師を転職成功に導いてきた経験もあります。

知識やノウハウが豊富なので、希望に合った条件や環境の職場を探す上で、大きな力となってくれるでしょう。

転職コンサルタントによっては、面接対策や条件交渉のバックアップもしてくれるので、安心して転職したい方は、コンサルタントを利用するのがおすすめです。

医師転職コンサルタントの選び方

転職コンサルタントを利用するといっても、数が多いのでどこに相談すれば良いのか、迷ってしまうと思います。

そこで、医師転職コンサルタントの選び方をご紹介します。転職コンサルタントを探す時は、以下のポイントを押さえておきましょう。

医療現場を知るコンサルタントがいる

医師として転職したいのであれば、やはり医師に特化した転職コンサルタントへと相談することが一番です。

コンサルタントが医療現場を熟知していると、転職後に起こり得るミスマッチを事前に想像し、未然に防いでくれます。

また、医療機関の求める課題や人物像、労働環境を理解しているので、転職者と医療機関とのミスマッチ自体が起こりにくいです。

転職成功のためのサポートをしてくれる

転職は、すること自体が目的ではありません。成功させることに意味があります。

しかし、転職コンサルタントによっては紹介フィーを目的とした無理な斡旋をすることが、残念ながら見受けられます。それでは転職者が、本当に自分にマッチした職場へ転職できません。

このため、きちんと“転職の成功”を考えてサポートしてくれる転職コンサルタントを選ぶことが大切です。

最初に相談してみて、押しが強い、意見を聞き入れてもらえないなどと感じるようであれば、別の転職コンサルタントに変えることも検討しましょう。

非公開求人を数多く保有している

多くの転職サイトは、非公開求人を持っていることをアピールしています。しかし、そうした転職サイトの中には、どの会社も持っているような情報を「非公開求人」としているケースがあります。

本当に求人数が多いのは、「どの会社も持っている求人情報」に加えて、「本当の非公開求人」を持っている転職サイトです。

そんな本当の非公開求人を持っている転職サイトのコンサルタントであれば、紹介してくれる先もまた充実しているので、自分にマッチする職場への転職が叶いやすいと言えます。

自分の都合に合わせて相談できる

医療業界に従事している医師の方々は忙しく、プライベートな時間を作ることが難しいと思います。

そんな医師の皆様が利用するなら、自分の都合に合わせて相談できる転職コンサルタントがおすすめです。

例えば最近は、LINEで気軽に相談できるような転職サイトが増えています。LINEならばメールに比べて、仕事の合間でも簡単に送ることができますし、確認も容易です。

忙しい仕事だからこそ、自分の都合に合わせやすく、隙間時間を有効活用できるような転職サイト・転職コンサルタントを選びましょう。

円満な退職のための準備も忘れずに

転職を成功させたければ、現在の勤務先を円満に退職することも大切です。現在の勤務先を退職する時にトラブルが起こってしまうと、後のキャリアや人間関係に影響する可能性があり、結果として転職失敗を招いてしまいます。

円満に退職するためには、勤務先の上司や同僚に迷惑をかけないタイミングで退職することが大切です。具体的には、人手が不足している時期や繁忙期を避け、業務に余裕のある時期に転職するようにしましょう。

一般的には、「4月」「10月」「1月」が医師の転職タイミングとしてベストと言われています。

医師転職のタイミングが重要な2つの理由

また、急な転職は勤務先を混乱させる要因となるので、遅くとも半年前には退職する意思を伝えるようにしてください。

医師転職を成功させるメディカルキャリアナビ

「転職コンサルタントを利用して、転職を成功させたい」

そんな考えをお持ちの医師の方は、ぜひメディカルキャリアナビまでご相談ください。

メディカルキャリアナビは、医療コンサルティング会社が提供する医師求人転職サイトです。コンサルティングサービスを行うコンサルタントも、医療現場を熟知しています。

また、転職させることではなく、転職を成功させることを大事にしているため、無理な斡旋はいたしません。希望条件や環境にマッチする職場をご紹介します。

メディカルキャリアナビのご利用を検討されている場合は、キャリア相談フォームからお気軽にご相談ください。

キャリア相談フォーム

医師転職に失敗しないために

本記事では、医師が転職に失敗する理由や、それを踏まえた医師転職を成功させるポイントを解説しました。

医師の転職を成功させるポイントは「なぜ転職したいか考えをまとめる」「譲れないポイントを決める」「複数の求人を比較する」「転職希望先の条件や環境を確認する」の4つです。今回紹介した失敗事例について理解を深め、自身の転職活動に生かしましょう。

それだけではなく、医師転職のコンサルタントに相談することで、転職の成功率は格段に上がります。転職活動の際には、豊富な情報とノウハウを持つ転職コンサルタントをぜひご活用いただければと思います。

メディカルキャリアナビでは、医療の現場を熟知したキャリアコンサルタントがご相談をお伺いいたします。気になった求人からでもお気軽にご相談ください。

メディカルキャリアナビでは、医療業界に精通しているコンサルタントが在籍していますので、転職のご相談がございましたら下記よりお申し込みください。

【キャリア相談 お申込みフォーム】

    お問い合わせ内容
    希望就業時期
    希望勤務地
    ご相談内容
    お名前
    ふりがな
    専門科目
    医師免許取得年
     年
    ご住所
    • 〒 
    電話番号
    Eメールアドレス
    プライバシーポリシー»

    \完全無料サポート/

    今すぐキャリア相談

    おすすめ求人

    アスク美容クリニック銀座(常勤)

    『患者様の喜びが全て』という理念のもと、悩みに全力で向き合い、一人でも多くの方にご満足をお届けできるクリニックを目指しています。
    完全予約制のクリニックのため、残業もほとんどありません。仕事とプライベートの両立を重視されている方におススメです。

    • アスク美容クリニック銀座
    • 東京都中央区
    • 年収:1,600万円
      日給:8万円
    美容皮膚科 タカミクリニック(非常勤)

    都内でオンライン診療(ニキビ問診)のみのお仕事です。
    皮膚科の先生であれば週1日~勤務可能!

    • 美容皮膚科 タカミクリニック
    • 東京都港区
    • 年収:1,600万円
      日給:8万円
    医療法人 四つ葉会 東京院(常勤)

    新規開院による常勤管理医師の募集です!
    形成外科専門医、皮膚科専門医は優遇します。

    • 医療法人 四つ葉会 東京院
    • 東京都千代田区
    • 年収:1,800~2,200万円
      日給:8万円

    記事検索

    新着記事

    カテゴリー

    キーワード

    関連する求人

    美容外科美容皮膚科

    現在、共立美容外科はエリア強化に伴い、
    重点的に関西エリアで医師を募集しています。
    特に経験者の方をお待ちしております。

    • 共立美容外科 梅田院
    • 大阪府大阪市北区
    • 年収:2,000~3,000万円
    2022年11月09日
    美容外科美容皮膚科形成外科皮膚科泌尿器科

    週3日~美容外科でのご勤務です!
    美容外科のご経験のある先生お願いします!

    • 医療法人社団千美会 ガーデンクリニック 大阪院
    • 大阪府大阪市北区
    • 年収:2,000~3,000万円
      日給:5~10万円
    2022年11月30日
    美容外科美容皮膚科

    【美容医療未経験者でも歓迎!業界No.1の高待遇】
    急成長中の美容外科クリニック、TCB東京中央美容外科の松本院で常勤医師を募集!
    現理事長は元大手美容クリニックで経験を積み、開業し今では全国展開中の大手美容クリニックとなりました。

    • TCB東京中央美容外科 松本院
    • 長野県松本市
    • 年収:3,000~20,000万円
      日給:5~10万円
    2024年01月26日
    AGA専門

    大手美容クリニックが運営するAGA・植毛メインのクリニックで医師を募集!

    • 湘南AGAクリニック 新宿本院
    • 東京都渋谷区
    • 年収:1,900万円
      日給:5~10万円
    2022年12月05日
    産婦人科婦人科

    女性の健やかで輝ける人生をトータルにサポート
    多くの症例と向き合うことで積まれた揺るぎない実績をもとに常に新しい知識、技術を求め、高い医療の質を維持します。

    • ミオ・ファティリティ・クリニック
    • 鳥取県米子市
    • 年収:2,200万円
      日給:5~10万円
    2022年10月23日
    美容外科美容皮膚科

    【美容医療未経験者でも歓迎!業界No.1の高待遇】
    急成長中の美容外科クリニック、TCB東京中央美容外科の渋谷西口院で常勤医師を募集!

    • TCB東京中央美容外科 渋谷西口院
    • 東京都渋谷区
    • 年収:3,000~20,000万円
      日給:5~10万円
    2024年01月04日
    美容外科美容皮膚科

    全国25院展開!
    品川スキンクリニックで医師募集!

    • 品川スキンクリニック 神戸院
    • 兵庫県神戸市中央区
    • 年収:2,500万円
      日給:5~10万円
    2022年11月21日
    眼科

    最新の屈折矯正手術を専門に行っている眼科クリニックです。
    屈折矯正手術をご専門にされている先生だけではなく、屈折矯正にご興味のある先生がいらっしゃいましたらお気軽にお問い合わせください!

    • アイクリニック東京サピアタワー
    • 東京都千代田区
    • 年収:2,500万円
      日給:5~10万円
    2023年03月14日
    美容外科美容皮膚科形成外科皮膚科

    夙川駅より徒歩3分の美容外科クリニックで、
    一から美容外科を学んでみませんか?
    研修体制が整った環境で一から美容外科を学べます。

    • KOSHO CLINIC
    • 兵庫県西宮市
    • 年収:2,500万円
      日給:8.8~11.2万円
    2024年04月28日
    New
    美容皮膚科

    長堀橋すぐの美容皮膚科クリニックで管理医師募集中!
    美容皮膚科のご経験があれば、多くの症例を経験出来る環境です。

    • DEW CLINIC
    • 大阪府大阪市中央区
    • 年収:1,800~2,040万円
      日給:8.8~11.2万円
    2024年05月18日

    関連コラム

    都道府県から医師求人情報を探す

    科目から医師求人情報を探す

    注目ポイントから医師求人情報を探す

    勤務地から探す
    都道府県から医師求人情報を探す
    診療科目で探す
    診察科目で医師求人情報を探す 
    ポイントで医師求人情報を探す
    ポイントで医師求人情報を探す 
    新着の求人 
    おすすめ求人