おすすめ求人

DMH新橋クリニック(常勤)

業界トップクラスのオンライン診療件数を誇る当院で
常勤医師を募集中!
事業拡大に向けスピーディーな変化を楽しみながらも、
患者様ファーストで主体的に動いていただけるメンバーを募集します。

  • DMH新橋クリニック
  • 東京都港区
  • 年収:1,700万円
    日給:8~12万円

「今の職場ではワークライフバランスがまったく取れないので転職したい」
「人間関係に疲れたので、新しい病院に移りたい」
「もっとスキルを積みたいし、最先端の機器に触れたいので、それを扱っている病院に行きたい」
「年収アップしたい。そのためには、転科も考えている」

このような理由で、転職を考える医師は多いものです。今回はそれを踏まえて、「それでは、いったいどのタイミングで転職をするのが望ましいか?」について考えていきましょう。

医師転職のタイミングが重要な2つの理由

そもそも、なぜ医師の転職はタイミングが重要なのでしょうか?
まずはその理由についてお話しします。

医師転職のタイミングが重要な理由は、主に以下の2つです。

①退職までに時間がかかるため

医師不足が問題になっている昨今、「転職したい」と申し出ても、職場が引き留めようと声をかけてくるケースが多くあります。

また、仕事や引き継ぎの状況によっては、すぐに退職ができない場合もあるため、きちんと時期を見極めて動くことが大切です。

②キャリア維持やキャリアアップがしづらくなるため

詳しくは次にお話ししますが、医師の転職にはベストなタイミングがあり、それ以外の時期だと募集が少なく、なかなか転職が成功しない可能性が考えられます。

退職したは良いものの、次の職場が見つからなければキャリア維持やキャリアアップの妨げになってしまうため、「退職後、すぐに次の職場の目処が立つのか?」を考えた上で、転職のタイミングを決める必要があります。

医師の転職でベストなタイミングは?

では、医師の転職でベストなタイミングを見ていきましょう。
その理由を以下でご紹介します。

4月

日本では、「4月」を「新年度の始まり」ととらえています。ほとんどすべての学校は4月始まりの形式をとっていますし、職場でも4月を「新しい人が入ってくる時期」ととらえています。これは医師・病院に限ったことではなく、ほかのあらゆる職業・あらゆる場所にとって同じだといえます。

そのため、医師もこの「4月入職」に合わせて活動するのがもっとも一般的なやり方かと思われます。職場の方も「4月は新しい人が入ってくる時期だ」という認識があるため、心理的にも新しい人を取り込みやすい環境にあります。

10月

4月に次いで多いのは、「10月」の転職です。
10月は下半期が始まる時期であり、4月と同様、職場が新しい人材を受け入れる環境が整っていることから、転職に適していると言えます。

また、医師の視点で見ると、異動や人事評価を受けた後なので自らの待遇を確認し、転職を決意しやすい時期でもあります。

1月

4月、10月に比べると少なめですが、年始の「1月」も仕事のキリが良く、転職にベストなタイミングの1つです。

注意が必要なのは、年始前の12月は逆に転職活動をする医師が少なく、募集も限られている可能性が高いということ。このため12月は、転職活動の準備に時間を充てると良いでしょう。

なお、4月・10月・1月を逃してしまったとしても、それ以外の月でも入ることは可能です。なぜなら、「前にいた医師が、出産で退職した」「今活躍している医師がほかの病院に転職するから後継者を探してくれと言っているため、新しい人材を探している」というように、イレギュラーな理由で求人を出す病院も意外と多いからです。

そのため、たしかに4月・10月・1月は「転職するタイミングとして適している」とはいえますが、それ以外の月での転職になったとしても悲観することはありません。

医師が転職を避けた方が良いタイミングは?

転職にベストなタイミングがあるように、できるだけ避けた方が良いタイミングもあります。

医師の場合、転職を避けた方が良いタイミングは「9月」「12月」の2つの時期です。特にシルバーウィークや年末年始のような連休前は、転職活動をしている医師が少ない傾向にあります。

転職活動をしている医師が少ないということは、募集も限られている可能性が高いです。自分に合った条件での転職をしにくいので、どうしても転職したい場合を除いて、避けるのが良いでしょう。

また、繁忙期に該当する時期の転職も避けるのがおすすめです。忙しい時期に転職をしてしまうと、同僚や上司など、残されたスタッフに大きな負担がかかってしまいます。

同じ医療の分野で仕事を続ける場合、転職後も業務や学会で顔を合わせる可能性があるので、職場の人々のことも考慮して、退職の時期を決めましょう。

みんなどれくらいの期間をかけて転職活動をしているのか?

上では、「4月・10月・1月は、医師の転職の好タイミングである」としました。

「今の職場にはとりたてて不満はないので、今すぐの転職は考えていない。それならば、この4月・10月・1月のいずれかのタイミングで転職したい」と考えている人の場合は、「何か月かけて転職活動をするのか」を意識しなければなりません。

一部の特例を除き、転職は、「思い立ったら翌月にはすぐに新しい職場が決まっているもの」ではありません。多くの場合、一定の転職活動期間を設けて、ある程度腰を落ち着けて転職活動をしていくことになるでしょう。

医師の転職の場合、転職活動にかかる時間はおおよそ半年程度だと考えられています。また、人によっては1年程度かかることもあります。

つまり、4月のタイミングで転職したいと考えているのであれば最低でも10月に、10月のタイミングで転職したいと考えているのであれば最低でも4月に、1月のタイミングで転職したいと考えているのであれば最低でも7月には転職活動を始める必要があります。

医師の転職活動の流れとスケジュール例

ここでは、医師の転職活動の流れとスケジュール例を具体的に見ていきます。

まず、医師の転職活動の流れは一般的に次の通りです。

転職のための情報収集

転職・求人サイトに登録

転職コンサルタントに相談

求人情報の選定・応募

応募先の医療機関で見学・面接

最終検討、条件交渉、合意書締結

現職場を退職、新しい職場で勤務開始

では、どれくらいの時期にどんな活動をするのか、具体的な目安を見ていきましょう。

活動内容時期4月入職の場合の例
転職のための情報収集入職から6ヶ月前10月
転職・求人サイトに登録入職から6ヶ月前10月
転職コンサルタントに相談入職から6ヶ月前10月
求人情報の選定・応募入職から6ヶ月前10月
応募先の医療機関で見学・面接入職から4〜5ヶ月前11月〜12月
最終検討、条件交渉、合意書締結入職から4〜5ヶ月前11月〜12月
現職場を退職、新しい職場で勤務開始入職から1〜2ヶ月前2月〜3月

以上は、入職を希望する6ヶ月前(半年前)から転職活動を始める場合の例です。

このように表にして見ると、気になった求人へ応募してから転職が決まるまでに1〜2ヶ月、今の職場を退職して新しい職場で働き始めるまでに、さらに1〜2ヶ月かかることが分かります。

すぐに転職が決まるケースばかりではないので、勤務を開始したい日が明確な方は、余裕を持って転職活動を始めることが大切です。

医師の転職を成功させる5つのポイント

6ヶ月もの長期にわたる転職活動。できれば長引かせることなく、スムーズに次の職場を決めたいですよね。

そこで、ここでは医師の転職を成功させる5つのポイントをご紹介します。
これから転職活動を始める方は、ぜひ以下の内容を参考にして、転職を成功させましょう。

①早めに情報収集を始める

どれくらい情報収集を徹底したかは、転職の成功率に大きく関わります。

しっかりと情報収集をすればするほど、自分に合った条件の職場を見つけやすく、入職してから後悔することが少なくなりますし、面接対策にも繋がります。

このため、まだ心を決めていなくても、「転職しようかな…」と考え始めたら、その日のうちから情報収集を始めましょう、

今はインターネットを使って何でも調べられる時代ですが、転職コンサルタントに相談した方が、情報収集の効率が上がるのでおすすめです。

また、インターネットで調べることが難しいリアルタイムの情報や、長年の経験に基づくノウハウを持つ転職コンサルタントであれば、適性やスキルを踏まえて、より良い職場を紹介してくれることがあります。

情報収集の際には、ぜひ転職コンサルタントを頼りましょう。

②余裕を持ったスケジュールで転職活動する

医師が次の職場へ転職するまでには、引き継ぎなどの期間も踏まえると6ヶ月ほど時間がかかります。

ただし、この期間は最低限のものです。代わりの医師が見つからず引き留められたり、引き継ぎが上手くいかなかったり、何らかの事情で転職のタイミングが遅れる可能性が考えられます。

可能であれば、転職を希望する時期からきっちり6ヶ月前というよりは、もっと余裕を持った1年くらいの期間を設けて、転職活動を始めるのがおすすめです。

余裕があれば万が一転職の時期が遅れそうな時も、気持ちに余裕を持つことができます。

転職の遅れはキャリア維持やキャリアアップに関わるので、注意しましょう。

③スキル、経験、募集条件を確認する

転職活動の最初は情報収集から始まり、いくつもの求人情報を比較することになります。

この時、どうしても自分の希望に合う待遇の求人情報ばかりを転職先の候補としがちですが、必ずスキルや経験、募集条件もチェックしましょう。

医師の転職は、経験年数や資格保有を求められるケースが多いです。条件に合わないことに気づかず転職活動を進めると、時間を無駄にしてしまいます。

また、自分のスキルと職場側が求めているスキルの間に大きな差があると、実際に働き始めた時に求められている仕事をこなせず、苦労する可能性が高いです。

転職してから後悔しないためには、自分が希望する条件の求人に応募することはもちろん、自分の今のスキルに合った求人へ応募することも大切です。

④転職の目的と優先順位を明確にする

転職理由は人によって様々。「誘われたから転職する」といいう人もいれば、「今の職場が合わないから転職する」という人もいます。

転職活動を始める時は、必ず自分にとっての転職の目的を明確にした上で活動しましょう。

例えば待遇に不満があれば、より待遇が良い職場、人間関係に不満があれば、より人間関係が良い職場など、転職先を決めるのにも役立ちます。

将来的に開業したいならスキルアップをしやすい職場が良いですし、転科したいのであれば未経験でも入職できる職場を選ぶ必要があります。

このように、転職の目的を明確にしておけば、転職先選びがスムーズになるでしょう。

複数の目的を持っている場合は、転職活動中に迷うことがないよう、事前に優先順位を決めておくことも大切です。

⑤転職コンサルタントに相談する

転職自体は求人・転職サイトを使えば可能ですが、転職を成功させたいのなら、転職コンサルタントに相談することをおすすめします。

前述したように、転職コンサルタントはインターネットで調べることが難しいリアルタイムの情報や、長年の経験に基づくノウハウを持っています。自分で転職先を探すよりも、ずっと条件が良く自分に合った職場を紹介してもらえることがあるので、ぜひ活用しましょう。

また、転職活動の進め方について迷った時に相談できる、面接対策をしてもらえる、条件交渉を代行してくれるなどのメリットもあります。忙しい転職活動時に、こうしたバックアップを得られるのはとても心強いです。

医師の転職ならメディカルキャリアナビ

「転職に失敗したくない」
「効率良く転職を進めたい」

そんな思いで転職コンサルタントをお探しの医師の方は、メディカルキャリアナビをご利用ください。

メディカルキャリアナビの転職コンサルタントは、医療現場を熟知している人材ばかりです。医療機関の求める課題や人物像、労働環境を理解しているので、転職後のミスマッチによる失敗を未然に防げます。

また、独自に保有している非公開求人も多く、ご自身で探しているよりも条件の良い求人情報を含めて、ご検討いただけます。

メディカルキャリアナビは、転職の成功を目指して医師の皆様を全面的にバックアップします。

転職コンサルタントをお探しの場合は、ぜひ弊社へご相談ください。

キャリア相談フォーム

転職には時間がかかる! 激務の人の場合は特に早く進めて

【キャリア相談 お申込みフォーム】

    お問い合わせ内容
    希望就業時期
    希望勤務地
    ご相談内容
    お名前
    ふりがな
    専門科目
    医師免許取得年
     年
    ご住所
    • 〒 
    電話番号
    Eメールアドレス
    プライバシーポリシー»

    \完全無料サポート/

    今すぐキャリア相談

    おすすめ求人

    DMH新橋クリニック(常勤)

    業界トップクラスのオンライン診療件数を誇る当院で
    常勤医師を募集中!
    事業拡大に向けスピーディーな変化を楽しみながらも、
    患者様ファーストで主体的に動いていただけるメンバーを募集します。

    • DMH新橋クリニック
    • 東京都港区
    • 年収:1,700万円
      日給:8~12万円

    記事検索

    新着記事

    カテゴリー

    キーワード

    関連する求人

    美容外科美容皮膚科

    美容未経験の医師研修体制を強化!
    全国展開する最大手美容クリニック!

    • SBC湘南美容クリニック 福島院
    • 福島県福島市
    • 年収:2,200万円
    2022年12月19日
    一般内科皮膚科

    【週休2.5日】年間休日136日!皮膚科医(常勤)を募集しています。
    当院は、2022年11月にOPENしたばかりの【皮膚科・総合内科のクリニック】です。
    患者様の笑顔のために一緒に働いて頂ける仲間のお待ちしています。

    • 名駅さくら医院・名古屋歯科
    • 愛知県名古屋市中村区
    • 年収:1,200~1,800万円
    2022年10月22日
    美容外科美容皮膚科形成外科皮膚科

    院長先生の直接指導で高度な手技を身に着けられます!
    週3日より勤務可能です。

    • なかにし形成外科クリニック
    • 奈良県生駒市
    • 年収:1,100~1,900万円
    2023年10月04日
    美容外科美容皮膚科

    全国25院展開!
    品川スキンクリニックで医師募集!

    • 品川スキンクリニック 京都院
    • 京都府京都市下京区
    • 年収:2,500万円
    2022年12月01日
    美容外科美容皮膚科一般外科消化器外科呼吸器外科整形外科一般内科消化器内科呼吸器内科脳神経内科皮膚科腎臓内科乳腺外科泌尿器科

    睡眠時無呼吸症候群、いびき治療に特化した最新レーザー治療
    明るい対応をしていただける方、スキルアップしたい方、柔軟性を持って業務に取り組んでいただける方、そんなあなたからのご応募をお待ちしております。

    • いびきメディカルクリニック 名古屋院
    • 愛知県名古屋市中村区
    • 年収:1,248万円
    2022年10月14日
    美容外科美容皮膚科

    全国25院展開!
    品川スキンクリニックで医師募集!

    • 品川スキンクリニック 表参道院
    • 東京都港区
    • 年収:2,500万円
    2022年11月21日
    美容外科

    曜日相談可能!未経験者でも大丈夫です!

    • アイシークリニック(非常勤)
    • 東京都渋谷区
    • 年収:2,500万円
      日給:8万円
    2022年12月12日
    美容外科美容皮膚科美容内科形成外科

    業務拡大による新規開設院での非常勤医師の募集です!
    内科系医師、若手医師も歓迎!
    形成外科専門医、皮膚科専門医は優遇します。

    • 医療法人 四つ葉会 神戸院
    • 兵庫県神戸市中央区
    • 年収:2,500万円
      日給:8~9.6万円
    2022年12月10日
    婦人科泌尿器科

    【大阪府/大阪市】不妊治療外来のみのお仕事で常勤医師を募集しております!

    • 医療法人リプロダクション リプロダクションクリニック大阪(常勤)
    • 大阪府大阪市北区
    • 年収:1,500~2,000万円
      日給:8~9.6万円
    2022年08月27日
    美容外科美容皮膚科

    【美容医療未経験者でも歓迎!業界No.1の高待遇】
    急成長中の美容外科クリニック、TCB東京中央美容外科の池袋東口院で常勤医師を募集!

    • TCB東京中央美容外科 池袋東口院
    • 東京都豊島区
    • 年収:3,000~20,000万円
      日給:8~9.6万円
    2024年01月04日

    関連コラム

    都道府県から医師求人情報を探す

    科目から医師求人情報を探す

    注目ポイントから医師求人情報を探す

    勤務地から探す
    都道府県から医師求人情報を探す
    診療科目で探す
    診察科目で医師求人情報を探す 
    ポイントで医師求人情報を探す
    ポイントで医師求人情報を探す 
    新着の求人 
    おすすめ求人