美容クリニックに転科をお考えの先生方の中には、学会に所属して専門医でなければ従事できないと考える方も少なくないです。たしかに、診療科によっては、脳神経外科や消化器外科などより専門的な知識が求められる科も存在します。

今回は、美容クリニックに求められる資格やそれに関わる学会について紹介していきます。

美容クリニックで働くには資格なしでもOK?

そもそも美容クリニックには、大きく「美容外科」と「美容皮膚科」の2つに分けられます。違う点で言うと、「美容外科」は形成外科の医療技術を応用し、身体の構造・形を美しく整え、外見的なコンプレックスに対して外科的施術をしていきます。一方で、「美容皮膚科」は内服・外服薬やサプリメントの処方、レーザー治療、ボトックス注射など、最先端の技術・機器で美肌を目指していくエステに近いクリニックです。

。ただ、専門医資格があることで、より施術の幅が広がり将来的に経験者としての転科はしやすくなります。

資格なしの求人はある

美容クリニックには専門的な資格は必要なのかと聞かれると、答えは”NO”となります。なぜなら、医師免許を取得している医師であれば誰でも「美容外科」「美容皮膚科」に従事することが可能だからです。

資格が必要ない美容クリニックの職種は以下のようなものがあります。

  • 受付
  • カウンセラー
  • 看護助手

ただし、美容クリニックで働くなら正しい知識や情報を持つことが大切です。

さらに、医療機関におけるルールもあるため、しっかり理解しなくてはなりません。 以下は美容クリニックで働く際に求められることです。

  • 医療機関についてのルールを知っているか
  • 美容施術や治療に関する知識や情報
  • 美容業界の動向やトレンド
  • お客様とのコミュニケーション能力

特に受付やカウンセラーは、お客様とのコミュニケーションが重要なポイントになります。コミュニケーションによって、美容クリニックの顧客満足度も高まるでしょう。

資格があると有利な理由

上記では資格がなくても美容クリニックで働けると記述しましたが、資格があると難しい採用条件でも通りやすくなり、給与アップや転職の際に有利です。

特にキャリアアップのための転職を考えているなら、資格の内容によっては条件の良い就職先を簡単に見つけることができます。

そもそも看護師になるには国家資格が必要

特にキャリアアップのための転職を考えているなら、資格の内容によっては条件の良い就職先を簡単に見つけることができます。

まずは、看護師国家試験に合格し、看護師免許を取得することが大切です。

美容クリニックに関係する学会

美容クリニックで看護師として働くために国家資格は必要ですが、専門医的な資格は特に必要ないことが分かりました。

一方で、専門的な知識や技術医があったほうが、より転科先で優遇されるのも事実です。

そのため、「美容外科」「美容皮膚科」に関わる専門医の学会は、どれを取得したほうが良いのか気になるところでしょう。

ここからは、特に「美容外科」に関わる学会について解説していきます。

ここまでで、美容クリニックで働くのに専門医が必要ないことは分かりました。一方で、専門医があった方がより転科先で優遇されるのも事実です。そのため、「美容外科」「美容皮膚科」に関わる専門医はどの学会で取得した方が気になるところでしょう。ここからは、特に「美容外科」に関わる学会について解説していきます。

〇美容外科学会

①JSAS

JSASは「Japan Society of Aesthetic Surgery」の略で、
『美容外科に関する研究並びに科学的知識および技術の普及発達と、美容外科の学術上の地位の確立を図り、併せて会員相互の向上・発展を求めることを目的に結成された学会』です。
昭和41年に設立され、令和4年時点で1,248名の会員が所属しています。
日本の医師免許を持ち、会員2名の推薦を受けた医師のみが入会できます。

参考:一般社団法人 日本美容外科学会(http://www.jsas.or.jp/

②JSAPS

JSAPSは「Japan Society of Aesthetic Plastic Surgery」の略で、
『形成外科学を基盤とし、美容外科に関心ある方のために、その知識・技術の交換、進歩をはかり、
親睦と医道の向上を目指し、かつ国内外の関連学会および団体との連携を目的』として結成された、
日本で唯一国際美容外科学会(ISAPS)に認められた学会です。
設立年は、JSASよりも10年ほど遅い昭和52年ですが、現在では約1350名の会員が所属されています。
日本の医師免許を持つ日本形成外科学会正会員資格者で、さらに学会評議員の推薦が得られた人のみが入会できるので、JSASよりも厳しい入会基準が設けられています。

特に「JSAPS」の審査は非常に厳しく、日本の形成外科専門医のたった“10%”しか認定されていません。
「JSAPS」に合格するために必要なことは、以下の2つです。
①最低でも5年間、日本形成外科学会が認定している医療研修施設において、
②形成外科に関わる研修を受けてその後、所定の専門医認定試験に合格すること
これが義務付けられています。

上記に合格することで「美容外科専門医」として、資格が認定されます。

参考:一般社団法人 日本美容外科学会 JSAPS(https://www.jsaps.com/

〇日本形成外科学会(JSPRS)

形成外科とは、頭から手や足の先まで、身体の表面を中心に、さまざまな病気やけがの治療を行います。傷や変形をきれいに治すことを主な目的としており、顔や手足など身体表面の、ケガや顔面骨折、やけど、あざ、腫瘍、先天異常、皮膚潰瘍、ガンの切除・再建、乳房再建・美容医療などについて専門的な知識と診療技術を持ち、適切に対応する診療を行っていきます。

その中でも、形成外科の専門医資格は一般診療を行うための必須条件であり、これを取得した後それぞれの専門領域に進んでいきます。

現在の会員数は、約5300人でその内女性会員は約1,600人(30%)で外科系学会としては女性会員の割合は高く、その要因としては、美容領域に必須な診療科であるからだと考えられます。

参考:一般社団法人 日本形成外科学会(https://jsprs.or.jp/

〇日本美容皮膚科学会

1987年前身の日本美容皮膚科研究会が発足され、1994年に日本美容皮膚科学会に改名し、現在2811名が所属しています。主な目的として、健全な美容皮膚科学の発展を目標として、美容皮膚科学に関する研究および、その研究成果の普及、ならびに会員相互の交流をはかっています。

ここでは、皮膚の構造・機能や病態の基礎研究から臨床医学、さらに香粧品・美容機器までに及ぶ美容皮膚科学を研究対象としています。

一方で、専門医制度に関しては、2008年に日本皮膚科学会が”皮膚科専門医”の上に”美容皮膚科・レーザー専門医”の制度を発足したので、日本美容皮膚科学会では認定専門医制度が設けられていません。

参考:一般社団法人 日本美容皮膚科学会(http://www.aesthet-derm.org/

〇日本レーザー医学会

レーザーに関する医学、生物学及び工学における研究と技術の向上のため、学術大会の開催等により、医学と医療の発展及び学術交流を図り、社会に貢献することを目的としている学会です。1979年に設立し現在1132名の会員が所属しています。

レーザー専門医になるには、基本領域学会(内科、外科、産婦人科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、皮膚科、形成外科、麻酔科、整形外科、脳神経外科)の専門医を取得した臨床系正会員が安全教育講習会を受講し、専門医に合格することが必要条件になっています。

つまり、「美容外科」「美容皮膚科」においてのレーザー専門医とは、皮膚科・形成外科の専門医がレーザーに関する十分な知識(レーザーとその生体作用、治療の原理、臨床現場における正しい管理法と使用法など)を持ち、より精度の高い安全なレーザー医療を提供できる臨床医であると考えられます。

参考:特定非営利活動法人 日本レーザー医学会(http://www.jslsm.or.jp/

〇日本抗加齢医学会(JAAM)

2001年に医師ならびに医生物研究者らが中心となって前身の日本抗加齢研究会設立され、現在9000名の会員が所属しており、複数の分科会が存在しています。主な目的としては、加齢現象や老化の研究が進む中、老化の病的プロセスを予防する抗加齢医学を積極的介入する方法を基礎医学的、臨床医学的に追求して実践することにより、生活者のQOL(Quality of Life)の向上を図る。そして、抗加齢医療の提供により健康長寿を国民が享受し、老人医療費増加度の抑制、生産人口年齢の延長、労働力の確保といういわば国家戦略的な目的です。

ここで出てくる抗加齢医学とは、「健康な人のさらなる健康」を指導することを医療に加えた究極の予防医学です。つまり、元気に長寿を享受することを目指す理論的・実践的科学ともいえます。

参考:一般社団法人 日本抗加齢医学会(https://www.anti-aging.gr.jp/

美容クリニックの職場は主に3種類ある

美容クリニックで働く場所は主に3つあります。

  • 手術を行う美容外科
  • 美肌を目指す美容皮膚科
  • 脱毛を行う医療脱毛クリニック

それぞれの職場を詳しく見ていきましょう。

職場①手術を行う美容外科

美容外科は外見の治療を行う美容クリニックです。たとえば、二重整形や脂肪吸引、豊胸などが挙げられます。クリニックには病院と違い病床がないため、すべて日帰り手術ができる範囲で行うのが一般的です。

また、大手クリニックの場合は、外科と皮膚科を同時に診ることもあるため、最初から最後まで患者が綺麗になっていくのをサポートできる喜びも感じられるでしょう。

職場②美肌を目指す美容皮膚科

美容皮膚科は皮膚科とは違い、美容目的で肌を改善する場所です。医療機器を用いたレーザーや医療ハイフ、光治療などが主な治療内容となっています。

基本的には医師が診察やカウンセリングを行い、施術は看護師が行います。中には糸リフトのような外科的な治療方法を用いることもありますが、この場合は医師が対応するのが一般的です。

美容外科のように1回で完了する治療は少なく、何度か通院してもらうことが多いため、患者様との信頼関係を築くためにもコミュニケーションが大切になってきます。

職場③脱毛を行う医療脱毛クリニック

医療脱毛専門のクリニックです。常に最新の医療機器を取り扱うことが多いので、専門知識が必要になることもあります。

また、大手美容クリニックの場合は、脱毛だけではなく美容皮膚科と併設していることもあり、専門的な資格を持っているとオールマイティに働けるでしょう。

関連記事▼ 医師の転職で医療脱毛クリニックが人気な理由

職種別で見る美容クリニックの仕事内容

美容クリニックではさまざまな役割を持つ人たちが働いています。それぞれ

  • 医師
  • 看護師
  • 受付
  • カウンセラー

に関する仕事内容をそれぞれ見ていきましょう。

職種①医師

美容クリニックは医療機関なので、必ず医師が在籍しています。医師と言っても中には新人や研修生、麻酔科医などが在籍しており、雇用形態はさまざまです。

美容クリニック専門の資格は特にないため、自分で資格を取得してキャリアを積むことが多いでしょう。

そのため、働いている医師のレベルはそれぞれ違うのが特徴です。医師は麻酔や手術など、専門的な知識が必要な治療の際に活躍します。

関連記事▼ 美容外科医の平均年収は?他科から転職する方法も解説

職種②看護師

上記でも少し説明しましたが、注射や脱毛など医療行為を行う看護師は、看護師免許がなくてはなりません。

しかし、看護師免許さえあればどこの美容クリニックでも働けるメリットが挙げられます。

看護師としてスキルアップを測りたいなら、以下のような資格があると強みとなるでしょう。

  • 日本化粧品検定1級
  • スキンケアアドバイザー
  • 化粧品成分検定
  • 美容薬学検定

やはり美容クリニックで働くなら、美容に特化した資格があると採用されやすいです。

また、看護師は医師の指示を受けて患者様に施術を行うため、注入系や脱毛などを担当することがあります。

職種③受付

受付の仕事は事務作業と併用することがあります。特に個人で経営している美容クリニックの場合は、受付や事務、カウンセラーの業務を行うことがほとんどです。

保険診療クリニックとは違い、自由診療でもある美容クリニックでは、資格がなくても採用されやすいメリットがあります。

ただし、受付は美容クリニックの窓口となるため、外見で採用が決まることも多いようです。

また、事務作業ではお金を扱うので、非常に気を遣わなくてはなりません。

職種④カウンセラー

カウンセラーはクリニックによって採用していないところもあります。カウンセラーは資格が必要なく、カウンセリング時に医師が担当することもあるからです。

患者様と対面で話すため、専門知識をしっかりと持っていないと悩みを解決できません。カウンセラーとして採用されるなら、上記で紹介したような美容系の資格を取得しておくと良いでしょう。

患者様と対面で話すため、専門知識をしっかりと持っていないと悩みを解決できません。カウンセラーとして採用されるなら、上記で紹介したような美容系の資格を取得しておくと良いでしょう。

まとめ:美容クリニックで働くなら就職・転職サイトがおすすめ 

ここまでで、美容クリニックに関わる学会やどの学会で専門医制度が設けられているのかを紹介してきました。今回紹介した学会以外にも、美容外科・美容皮膚科にはそれぞれの専門分野によって学会や研究会などが複数ございますので、自らが学びたい手技に合わせて入会・専門医を目指す方がいいのかもしれませんね。

メディカルキャリアナビでは、美容クリニックの求人掲載だけでなく、美容クリニック転科をお考えの先生方のキャリア相談も受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

メディカルキャリアナビでは、医療業界に精通しているコンサルタントが在籍していますので、転職のご相談がございましたら下記よりお申し込み下さい。

【キャリア相談 お申込みフォーム】


    お問い合わせ内容

    希望就業時期

    希望勤務地

    ご相談内容

    お名前

    ふりがな

    専門科目

    医師免許取得年

     年

    ご住所

    • 〒 

    電話番号

    Eメールアドレス


    プライバシーポリシー»

    記事検索

    新着記事

    カテゴリー

    キーワード

    関連する求人

    美容外科美容皮膚科

    全国25院展開!
    品川スキンクリニックで医師募集!

    • 品川スキンクリニック 沖縄院
    • 沖縄県那覇市
    • 年収:2,500万円
    2022年12月25日
    美容外科美容皮膚科

    全国25院展開!
    品川スキンクリニックで医師募集!

    • 品川スキンクリニック 新潟院
    • 新潟県新潟市中央区
    • 年収:2,500万円
    2023年01月22日
    美容外科美容皮膚科皮膚科

    名古屋エリア(新規開設)と首都圏・関西エリアで院長候補募集!!
    【ご自身のキャリアや、ご経験、知見を最大限活かせる環境】

    • 表参道メディカルクリニック 心斎橋院
    • 大阪府大阪市中央区
    • 年収:1,000~2,000万円
    2022年11月08日
    脳神経内科精神科心療内科

    日本最大規模![ライトな症状の方向け]自由診療の総合メンタルクリニックとして、生きづらさで悩む方々へ様々な選択肢を!

    • ブレインクリニック 東京駅前院
    • 東京都中央区
    • 年収:1,000~2,000万円
      日給:8万円
    2023年09月11日
    美容外科美容皮膚科脱毛専門皮膚科

    全国で脱毛クリニックを拡大中のため、常勤医師募集!

    • 医療法人 緑風会 ルシアクリニック 銀座院
    • 東京都中央区
    • 年収:1,760~2,200万円
      日給:8万円
    2022年12月11日
    美容外科美容皮膚科皮膚科

    名古屋エリア(新規開設)と首都圏・関西エリアで院長候補募集!
    【ご自身のキャリアや、ご経験、知見を最大限活かせる環境】

    • 表参道メディカルクリニック 新宿院
    • 東京都新宿区
    • 年収:1,000~2,000万円
      日給:8万円
    2022年11月08日
    美容外科美容皮膚科

    共に力を合わせて東北の美容医療の発展に貢献してくださる先生のお力をいただきたく、そのお声を心よりお待ち申し上げております。

    • CLASSY仙台美容外科・美容皮膚科
    • 宮城県仙台市青葉区
    • 年収:2,400万円
      日給:8万円
    2022年11月09日
    美容外科美容皮膚科形成外科

    エイジングケアの専門ドクター達が集結した美容クリニックグループです。
    私たち医師と精鋭の看護師・カウンセラー・受付スタッフが、一丸となったチーム医療で、患者様のお悩みを解消いたします。
    症例多数・全国拡大中の美容外科クリニックで働いてみませんか?

    • 高崎TAクリニック
    • 群馬県高崎市
    • 年収:2,300万円
      日給:8万円
    2022年12月05日
    美容皮膚科形成外科皮膚科

    時給12,500円・美容の経験が積めます!
    毎週木曜日◇駅チカクリニックでのご勤務!

    • はなふさ皮膚科 志木院
    • 埼玉県志木市
    • 年収:2,300万円
      日給:8.75~9.8万円
    2022年12月22日
    美容外科美容皮膚科

    美容未経験の医師研修体制を強化!
    全国展開する最大手美容クリニック!

    • SBC湘南美容クリニック 浜松院
    • 静岡県浜松市中区
    • 年収:2,200万円
      日給:8.75~9.8万円
    2022年12月19日

    関連コラム

    都道府県から医師求人情報を探す

    科目から医師求人情報を探す

    注目ポイントから医師求人情報を探す

    勤務地から探す
    都道府県から医師求人情報を探す
    診療科目で探す
    診察科目で医師求人情報を探す 
    ポイントで医師求人情報を探す
    ポイントで医師求人情報を探す 
    新着の求人 
    おすすめ求人