医師がワークライフバランスを保つには?現状や課題、できることは

おすすめ求人

美容皮膚科 タカミクリニック(非常勤)

都内でオンライン診療(ニキビ問診)のみのお仕事です。
皮膚科の先生であれば週1日~勤務可能!

  • 美容皮膚科 タカミクリニック
  • 東京都港区
  • 日給:8万円
アスク美容クリニック銀座(常勤)

『患者様の喜びが全て』という理念のもと、悩みに全力で向き合い、一人でも多くの方にご満足をお届けできるクリニックを目指しています。
完全予約制のクリニックのため、残業もほとんどありません。仕事とプライベートの両立を重視されている方におススメです。

  • アスク美容クリニック銀座
  • 東京都中央区
  • 年収:1,600万円
    日給:8万円

“生涯現役”として働くことも可能な医師ですが、過酷な労働によってワークライフバランスが保てていないと負担が大きく、長く仕事を続けていくことが難しくなってしまいます。

今回この記事では、医師のワークライフバランス事情は現状どうなっているのか、どのような課題があるのか、そして、ワークライフバランスを整えていくにはどうすればいいかについてまとめました。

医師の働き方について見直すキッカケとして、ぜひ参考にしてみてくださいね。

医師のワークライフバランス事情は厳しい現状


患者の健康や命が最優先である医師にとって、緊急の手術や入院、オンコールや当直によって拘束時間が増えたりと規定の労働時間が長引いたりすることはめずらしくありません。

一般企業では労働環境を改善するため、残業時間の見直しや特別休暇の推奨が行われている中、医療業界ではまだまだ労働環境に対する配慮が行き届いていないのが現実。

プライベートや家庭の時間などと仕事のバランス、いわゆる“ワークライフバランス”が取りづらくなっているのが大きな課題です。

時間外労働ゼロは全体の1割程度、80時間を超える時間外労働をしている医師も

厚生労働省がまとめた「医療分野の勤務環境改善マネジメントシステムに基づく医療機関の取組に対する支援の充実を図るための調査・研究」では、医師の時間外労働の実態が示されています。

「自分の時間外労働の時間のおおよその数字がわかる」と答えた医師は、設問に答えた医師のうちのおおよそ80パーセント程度です。

この中で、「時間外労働はゼロである」と答えた層は、わずか1割程度しかいません。もっとも多いのは、「20時間~50時間」であり、3人に1人がこれくらいのは時間外労働をしている、としています。ちなみに2位は「10時間以下」、3位は「10時間~20時間」、4位は「50時間~80時間」です。月の時間外労働が80時間を超えると答えた医師も8パーセント程度います。

なお、時間外労働が生じるもっとも大きな要因は「緊急対応」で、これが65パーセント近くに上ります。

また、「手術や外来対応が長引いた」「報告書などの書類の作成が長引いた」と答えた層も、50パーセントを超えています。

ちなみに、「時間外労働をストレートには申告していない」という人は52パーセント程度。つまり、「時間外労働をそのまま申告している」と答えた層が半数以下も存在するのです。また、「時間外労働の報告に対して、そのまま満額、制限なしで給与が支払われている」「タイムカードの通りに支払われている」と答えた層は、合わせても全体の40パーセント程度にすぎないことからも、医師の残業や給与には不満が出やすい状況であることがわかります。

「一番忙しい科はどこ?」の質問は「産婦人科」がトップ!

医師専用サイトメドピアが、会員の医師を対象としてとったアンケートがあります。その内容は、「どの科が一番忙しいか?」というものです。

このアンケート結果で1位になったのは「どの科でも忙しい」でしたが、ほぼ同数を獲得した実質1位の科は「産婦人科」でした。

「どの科も忙しい」は4人に1人(以下)の得票率でしたが、「産婦人科」は5人に1人(以上)が挙げている解凍です。ちなみに2位には「外科」、4位には「救急科」、5位に「小児科」、6位には「脳神経外科」が入っています。

なお、これは「科別の医師の年収」をまとめた統計において、すべて1,200万円以上の年収を獲得している科です。

つまり、「他の医師に比べて高い水準の給与」は、科自体の忙しさからくるものであるともみることができるでしょう。

出典:労働政策研究・研究機構「勤務医の就労の実態と意識に関する調査」

出産や子育ても医師のワークライフバランスの課題に

女性医師がワークライフバランスについて悩む大きなポイントの一つに、出産や子育てがあります。

スケジュールが定まらず、多忙を極める医師の仕事は体の負担にもなるため、妊活中や妊娠中にはなかなかハードに。かといって、休職や退職をすると人手不足になってしまうなど、職場のことを優先してしまう女性医師が多いのです。

また、休職や退職ができた場合でも、その後の職場復帰が難しくなることも。

医師としてキャリアを重ねながら、出産や子育てと両立させていくのが簡単ではない現状が、女性医師のワークライフバランスの課題となっています。

近年は女性だけでなく男性も育児に積極的に参加する家庭が増えています。育児を理由に休みを取りづらいのは、性別に関係なく課題と考えるべきでしょう。

ワークライフバランスは現状と理想を整理して考えよう


医師としてのワークライフバランスを見つめ直すには、現状と理想を整理して考えるのがポイントとなってきます。

まずは直近1週間、余裕があれば1か月の職場での様子や普段の生活を見直してみてください。

・朝起きる時間
・通勤時間
・病院内での業務内容
・休憩できている時間
・帰宅する時間
・プライベートの時間
・人間関係

など、細かいところまで書き出すのがポイントです。

こうすることで

「勤務時間が長い」
「科の人間関係が辛い」
「家族との時間が少ない」
「今の働き方に対して報酬が見合っていない」

といったような負担や改善したい点が見えてきます。

また、最も理想とし譲れないことと、そのために許容できるものに分けて考えることもポイント。

「勤務時間が短くなることが最優先で、報酬は多少低くなってもいい」「将来に向けてキャリアを積んでいくため、プライベートは多少減ってもいい」など、具体的にイメージしてみましょう。

医師のワークライフバランスを整えるためにできること

医師としてのワークライフバランスを整えるためには、どのようなことができるのでしょうか。

具体的なアクションとしては、

・上司や職場へ働きかける
・働く科を変える
・非常勤・アルバイトなどへ雇用を変える
・転職を視野に入れる
・病院勤務以外も選択肢に入れてみよう
・独立する

といったものがあります。それぞれについて詳しく見ていきましょう。

上司や職場へ働きかける


最初に行動できる身近なところといえば、上司や職場に直接改善を働きかけることです。

「残業が多く負担なので勤務時間を調整してほしい」
「昇給を目指したいので、必要な条件を提示してほしい」
などを提案してみましょう。

人間関係や職場までのアクセスなど、環境を変えずに改善を求める場合に向いている方法です。

ただ、相談したからといって必ず解決するとは限りません。1人で働きかけるより、同じ不満や不安を持った同僚などと問題の解決にあたってみるのも、遠回りながら近道になることもあります。

働く科を変える


不満や不安を感じる環境を変えるために、働く科を変えることも一つの手。

病院では科によって業務の進め方やコミュニケーションの取り方、報酬などが大きく変わります。科を変えることで、今抱えている問題が解決できるかもしれません。

今の科でやりがいを感じられない場合やキャリアアップのイメージが見えない場合も、転科することを視野に入れてみるといいでしょう。

ただし、転科先の知識やスキルを新たに一から学び直さなければならないため、プライベートな時間は転科前よりも減ってしまうかもしれません。

非常勤・アルバイトなどへ雇用を変える


当直やオンコール、残業などをできるだけなくして、長時間勤務による負担を軽減したい場合は、雇用形態を非常勤・アルバイトなどに変えてフリーランス医師として活躍する手もあります。

非常勤やアルバイトでは、時間外労働はほとんどなく、当直やオンコールも希望すればなしにすることが可能。

プライベートの時間を確保しやすく、家庭や出産・育児とのバランスもとりやすくなります。

ただし、常勤医師が足りない間の穴埋めとして雇われるケースが多いので、医師の数が間に合った場合には出勤を断られたり契約を切られたりする可能性も。雇用が安定しないという点はデメリットになることも理解しておきましょう。

フリーランス医師については以下の記事でも詳しく紹介していますので、ぜひ目を通してみてくださいね。
フリーランス医師と常勤医師の違い|メリット・デメリット、年収について

転職を視野に入れる


現在の職場でワークライフバランスを取るのが難しいと感じた場合は、思い切って条件の良い職場に転職することを視野に入れてみるのもいいかもしれません。

多くの患者と症例を経験し、医師としての実力をどんどん伸ばしていくために転職する医師もめずらしくありません。

転職先を探すときには、

・残業はどのくらいあるのか
・昇給制度は整っているか
・現在働いている医師は実際どのくらい休めているのか
・どのような症例が多い病院なのか

など、自分の中で重要なポイントに重きを置いてリサーチしましょう。

病院勤務以外も選択肢に入れてみよう

医師が活躍できる職場は、病院だけではなく、次のような職業もあります。

職種仕事内容
産業医企業に務める労働者の健康を管理します。作業環境の管理や維持、健康指導などを行います。
公衆衛生医師保健所や本庁で地域や自治体の健康に携わります。食品衛生や感染症、乳幼児健診などの母子健康事業、特定健診などを行います。
メディカルドクター製薬会社で新薬の開発にあたります。ドクターの立場から医学的根拠に基づいたアドバイスや提案を行います。
記事監修WEBメディアや医療本などに掲載された内容が医学的根拠に基づいているかどうかを確認します。
起業医師IT業界やファイナンス業界などで、医師の経験と知識を活かして起業します。
老健施設介護老人保健施設で、要介護者の健康を管理します。看護師などへの指示出し、定期的な健康診断、主治医意見書の作成などを行います。
保険会社保険加入者の健康状態を調査する、保険金支払いの妥当性や正確性を判断するなどを行います。
オンライン診療WEBサイトやアプリなどを介してオンラインで患者を診察します。

これらの仕事は、患者の命や健康に関わる急な診察や手術が入ることがないため、勤務スケジュールが比較的安定し、時間を確保するという意味でのワークライフバランスが取りやすくなります。

ただし、病院勤務の医師に比べて収入が低くなったり、仕事の数が安定しなかったりというデメリットもあるので、自身の目指すワークライフバランスに合った職種を探してみましょう。

独立する


医師として独立し、クリニックや病院を開業すれば、営業時間や休日などが全て自分で決められるという点ではワークライフバランスをとりやすくなるでしょう。

厚生労働省「医療経済実態調査報告」による2017年のデータでは、勤務医の平均年収が1,488万円であるのに対して開業医の平均年収は2,748万円と、収入の大幅なアップも期待できます。

ただし、開業するまでにはさまざまな準備が必要で、その際にかかる費用や時間は膨大です。また、経営がうまくいかなくなるリスクも抱えることになるため、慎重に判断する必要があるでしょう。

まとめ

以上、医師のワークライフバランスについてでした。

理想のワークライフバランスを取りながら働けている医師はあまり多くないのが現状です。これから先の働き方改革で、医師の労働環境や条件も見直すべきであることは日本の課題の一つでしょう。

ただ、国としてのサポートが少ない中でも、自身と向き合い、行動に移していくことで、理想のワークライフバランスに近づくことができます。

今の自分にできることを少しずつでも取り組んでみてはいかがでしょうか。

【キャリア相談 お申込みフォーム】

    お問い合わせ内容
    希望就業時期
    希望勤務地
    ご相談内容
    お名前
    ふりがな
    専門科目
    医師免許取得年
     年
    ご住所
    • 〒 
    電話番号
    Eメールアドレス
    プライバシーポリシー»

    \完全無料サポート/

    今すぐキャリア相談

    おすすめ求人

    美容皮膚科 タカミクリニック(非常勤)

    都内でオンライン診療(ニキビ問診)のみのお仕事です。
    皮膚科の先生であれば週1日~勤務可能!

    • 美容皮膚科 タカミクリニック
    • 東京都港区
    • 年収:1,600万円
      日給:8万円
    アスク美容クリニック銀座(常勤)

    『患者様の喜びが全て』という理念のもと、悩みに全力で向き合い、一人でも多くの方にご満足をお届けできるクリニックを目指しています。
    完全予約制のクリニックのため、残業もほとんどありません。仕事とプライベートの両立を重視されている方におススメです。

    • アスク美容クリニック銀座
    • 東京都中央区
    • 年収:1,600万円
      日給:8万円

    記事検索

    新着記事

    カテゴリー

    キーワード

    関連する求人

    美容外科美容皮膚科

    【美容医療未経験者でも歓迎!業界No.1の高待遇】
    急成長中の美容外科クリニック、TCB東京中央美容外科の長崎院で常勤医師を募集!

    • TCB東京中央美容外科 長崎院
    • 長崎県長崎市
    • 年収:3,000~20,000万円
    2024年01月04日
    美容皮膚科

    銀座駅すぐの美容皮膚科で働いてみませんか?

    • UBCLINIC銀座
    • 東京都中央区
    • 年収:3,000~20,000万円
    2022年11月09日
    美容外科美容皮膚科形成外科

    エイジングケアの専門ドクター達が集結した美容クリニックグループです。
    私たち医師と精鋭の看護師・カウンセラー・受付スタッフが、一丸となったチーム医療で、患者様のお悩みを解消いたします。
    症例多数・全国拡大中の美容外科クリニックで働いてみませんか?

    • 横浜TAクリニック
    • 神奈川県横浜市西区
    • 年収:2,300万円
    2022年12月05日
    美容皮膚科皮膚科

    マイカー通勤が可能な仙台市内の皮膚科クリニックです。
    小さなお子様がいらっしゃっても働きやすいので、ママさんDrにオススメです!

    • ファミリアクリニック御町
    • 宮城県仙台市若林区
    • 年収:2,300万円
      日給:8~10万円
    2024年04月28日
    美容外科美容皮膚科

    【美容医療未経験者でも歓迎!業界No.1の高待遇】
    急成長中の美容外科クリニック、TCB東京中央美容外科の大宮院で常勤医師を募集!

    • TCB東京中央美容外科 大宮院
    • 埼玉県さいたま市大宮区
    • 年収:3,000~20,000万円
      日給:8~10万円
    2024年01月04日
    美容外科美容皮膚科一般外科消化器外科呼吸器外科整形外科一般内科消化器内科呼吸器内科脳神経内科皮膚科腎臓内科乳腺外科泌尿器科

    睡眠時無呼吸症候群、いびき治療に特化した最新レーザー治療
    明るい対応をしていただける方、スキルアップしたい方、柔軟性を持って業務に取り組んでいただける方、そんなあなたからのご応募をお待ちしております。

    • いびきメディカルクリニック 名古屋院
    • 愛知県名古屋市中村区
    • 年収:1,248万円
      日給:8~10万円
    2022年10月14日
    美容外科美容皮膚科

    再生医療と注入治療に特化した、唯一無二の治療を行っているクリニックです。
    注入治療は経験よりもセンスが重要な治療ですので、美容未経験の先生でも、
    数か月で活躍して頂ける環境が整っています!

    • プルージュ美容クリニック
    • 東京都港区
    • 年収:2,500~5,000万円
      日給:8~10万円
    2022年11月13日
    美容外科美容皮膚科男性美容形成外科整形外科泌尿器科

    CMでお馴染みの男性美容クリニックで常勤医師を募集しています!未経験・転科でも経験豊富な医師からマンツーマンで教えてもらえる環境が整っています。

    • 東京上野クリニック 千葉医院
    • 千葉県千葉市中央区
    • 年収:2,000~3,000万円
      日給:8~10万円
    2023年07月04日
    美容外科男性美容一般外科泌尿器科

    男性美容業界をリードしてきた当院で全国の悩める男性たちを救いながら、
    医師としてさらにステップアップしませんか?

    • ABCクリニック美容外科 梅田院
    • 大阪府大阪市北区
    • 年収:2,000~3,000万円
      日給:7万円
    2023年09月01日
    美容外科美容皮膚科

    現在、共立美容外科はエリア強化に伴い、
    重点的に関西エリアで医師を募集しています。
    特に美容外科経験者の方をお待ちしております。

    • 共立美容外科 横浜院
    • 神奈川県横浜市西区
    • 年収:2,000~3,000万円
      日給:7万円
    2022年11月09日

    関連コラム

    都道府県から医師求人情報を探す

    科目から医師求人情報を探す

    注目ポイントから医師求人情報を探す

    勤務地から探す
    都道府県から医師求人情報を探す
    診療科目で探す
    診察科目で医師求人情報を探す 
    ポイントで医師求人情報を探す
    ポイントで医師求人情報を探す 
    新着の求人 
    おすすめ求人