美容外科の専門医になるには?形成外科の経験がないとダメ?

おすすめ求人

美容皮膚科 タカミクリニック(非常勤)

都内でオンライン診療(ニキビ問診)のみのお仕事です。
皮膚科の先生であれば週1日~勤務可能!

  • 美容皮膚科 タカミクリニック
  • 東京都港区
  • 日給:8万円
DMH新橋クリニック(常勤)

業界トップクラスのオンライン診療件数を誇る当院で
常勤医師を募集中!
事業拡大に向けスピーディーな変化を楽しみながらも、
患者様ファーストで主体的に動いていただけるメンバーを募集します。

  • DMH新橋クリニック
  • 東京都港区
  • 年収:1,700万円
    日給:8万円

美容外科医への転職やキャリアアップをお考えの方には、美容外科の専門医資格について気になっている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、日本で美容外科の専門医を認定している2つの美容外科学会JSASとJSPASを紹介。

さらにそれぞれの特徴や入会方法、さらに専門医を目指す方法について解説します。

日本における美容外科の位置付け

アメリカの医師の間では、脳外科医や形成外科がとくに人気の診療科です。

そして、形成外科医のなかでも美容医療の専門性を高めた形成外科専門医が、主に美容外科医として活躍しています。

このように美容医療の先進国といわれるアメリカでは、美容外科は形成外科に含まれるほか、美容外科医となるハードルはかなり高いのが特徴です。

それに対して日本では、形成外科=生まれつきの異常や変形、欠損を正常に戻す、美容外科=特に問題がない部分をより美しくする、というように両者を別のものとして捉える風潮があります。

さらに、医師免許さえ取得していれば誰でも美容外科医として働くことが可能です。

日本で美容外科の専門医になるには

アメリカでは、美容外科は形成外科に含まれることから、美容外科専門医というものは存在しません。美容外科でも最終的な肩書は形成外科専門医となります。

一方、日本で美容外科専門医を目指す場合は、比較的簡単に目指せる専門医(JSAS)と難易度の高い専門医(JSPS)という2種類の方法があります。

日本には2つの美容外科学会がある

なぜ美容外科専門医を目指すのに2つの方法があるかというと、それは日本の美容外科界にはJSASとJSAPSという2つの学会が存在するためです。

ここからは、その2つの美容外科学会について、それぞれの特徴や専門医を目指す方法を紹介します。

美容外科医を中心とする美容外科学会(JSAS)

⽇本美容外科学会(JAPAN SOCIETY OF AESTHETIC SURGERY=JSAS)は、さまざまな診療科出身の美容外科によって構成されている美容外科学会です。

美容外科医に多い形成外科に限らず、皮膚科など幅広い診療科出身の美容外科に門戸を開いているほか、発表される学術もJSAPSより実践的な内容が多いという特徴があります。

成り立ちと歴史

日本では昭和初期にヨーロッパから流入してきたとされている美容医療ですが、当時は医療の中でも異端的な扱いをされていました。

さらに日本の医療システムでは、医師免許さえ取得すれば誰でも美容外科医として働けることもあり、なかには技術が未熟だったり、法外な料金をとったりする悪質な医師も少なくありませんでした。

こういった美容外科業界を変えるべく、美容外科医の開業医が中心となって昭和41年2月に設立したのがJSASです。

JSASの具体的な設立の目的については、公式サイトで以下のように記載されています。

「美容外科に関する研究並びに科学的知識および技術の普及発達と、美容外科の学術上の地位の確⽴を図り、併せて会員相互の向上・発展を求めること」を目的に結成された学会です。

引用:日本美容外科学会について-JSAS

正会員になる方法

JSASの会員数は1,413名です。(2024年2月時点)

JSASの正会員となるには、主に以下2つの条件を満たす必要があります。

  • ⽇本の医師免許を保有している
  • ⽇本美容外科学会(JSAS)会員の2名以上の推薦状がある

公式サイトの入会申し込みフォームに、顔写真・医師免許証、推薦状2通のPDもしくは画像ファイルを添付して送信。

審査を通過することで、JSASに入会できます。

ちなみに、JSASの⼊会金および年会費は以下の通りです。(※令和6年2月時点)

  • ⼊会⾦:10,000円
  • 年会費:12,000円

専門医を目指す方法

現在、JSASで認定されている専門医の数は278名です。(2024年2月時点)

JSASで専門医に認定されるには、主に以下の条件を満たし、年1回行われる筆記試験・口頭試問に合格する必要があります。

1. 日本美容外科学会(JSAS)および日本先進医療医師会の会員であること

2. JSASが指定する研修施設で5年以上の勤務経験があること

JSASが指定する研修施設とは、学会の専門医が1名以上常勤する施設(主に美容外科クリニック)のことです。

筆記試験は美容外科に関する出題の選択形式で、筆記試験の合格者のみが口頭試問に進むことができます。

口頭試問では実際に治療された患者さんについて、診断・治療方針・手術などの診療能力が問われるほか、美容外科専門医としての倫理観、道徳性などが問われます。

受験料は60,000円で、認定後も最新の知識と技術を学び続けるという目的から、5年ごとに資格を更新する必要があります。

参照:専門医制度-JSAS

形成外科専門医を中心とする美容外科学会(JSAPS)

⽇本美容外科学会(Japan Society of Aesthetic Plastic Surgery=JSPAS)は、美容外科医に多い形成外科医出身の美容外科医によって構成されている医美容外科学会です。

さらに形成外科医が修練を積むことでなれる日本形成外科学会の会員でないと入会できないため、JSASよりも加入が難しい、発表される学術もJSAPSより専門的な内容が多いという特徴があります。

成り立ちと歴史

アメリカと同様、美容外科は形成外科の延長線上にあるという考え方に基づいて設立されたのがJASPASです。

昭和52年1月に発足した日本整容形成外科研究会を母体としており、形成外科医としての勤務歴がある形成外科医正会員によって構成されています。

また、世界をリードする美容外科の専門組織である国際美容形成外科学会(International Society of Aesthetic Plastic Surgery=ISAPS)の認定を受けている学会です。

JSPASの具体的な設立の目的と事業内容については、JSPASの公式ホームページで以下のように記載されています。

日本美容外科学会(JSAPS=Japan Society of Aesthetic Plastic Surgery)は、形成外科学を基盤とし、美容外科に関心ある方のために、その知識・技術の交換、進歩をはかり、親睦と医道の向上を目指し、かつ国内外の関連学会および団体との連携を目的とし、学術集会の開催、美容外科専門医の認定、機関誌の発行などを主な事業としております。

引用:一般社団法人 日本美容外科学会(JSAPS)入会のご案内-JSPAS

会員になる方法

JSPASの会員数は1,303名です。(2024年2月時点)

JSPASの正会員となるには、主に以下3つの条件を満たす必要があります。

  • 日本の医師免許を保有している
  • (社)日本形成外科学会正会員の資格を保有している
  • JSPASの正会員歴5年以上の会員1名および社員(評議員)1名の計2名からの推薦状がある

公式サイトの入会申請フォームで、推薦状2通や略歴書、念書などの指定書類をアップロードし、審査に通過すればJSPASに入会できます。

JSPASの⼊会金および年会費は以下の通りです。(※令和6年2月時点)

  • ⼊会⾦:15,000円
  • 年会費:15,000円

専門医を目指す方法

現在、JSPASで認定されている専門医の数は169名です。(2024年2月時点)

JSPASで専門医に認定されるには、主に以下の条件を満たし、専門医試験に合格する必要があります。

  1. 日本美容外科学会(JSPAS)の正会員であること
  2. 日本美容外科学会(JSPAS)としての会員歴が3年以上あること
  3. 形成外科専門医を有しており、4年間の形成外科専門医研修終了時から3年を経過していること

専門医試験は2024年度から実施が決定したため、その詳細についてはまだ詳しい情報がありません。

しかし、JSASと同様、美容医療に関する専門的な知識や美容外科としての診療能力や倫理観、道徳性などが問われる内容であることが予想されます。

専門医の受験料(新規認定の審査料)は30,000円で、認定後も5年ごとに資格を更新する必要があります。

>>美容クリニックで働くために必要な資格とは?

美容外科医は形成外科の経験がないとダメ?

美容医療の先進国であるアメリカでは、美容外科は形成外科に含まれており、日本でも「美容外科は形成外科の一部である」と主張をしている人は一定数存在します。

実際に、体表面の外科手術や先天奇形、欠損などの再建を扱う形成外科の知識と技術は美容外科手術に大いに役立つものです。

このことから、「形成外科出身の美容外科医の方が手術が上手い」「形成外科出身の医師を選んだ方が安心」など、優秀な美容外科医の判断基準として形成外科医としての経験の有無が挙げられることもあります。

しかし、それでは現在日本で活躍している美容外科医はすべて形成外科出身なのかというと決してそんなことはありません。

形成外科の専門医でなくても、形成外科出身でなくても、手術が上手で優秀な美容外科医はたくさんいます。

このため形成外科の出身がなくても、美容外科医への転職およびキャリアアップは可能です。どんな美容外科医になりたいか、どんな風に活躍したいかなど、自分の思い描くキャリアプランに合わせた選択をしましょう。

ただし、美容外科は他の診療科から転科してくる人が多く、なおかつ人気の職業です。

このため美容外科への転職を考えている場合は、医療転職に特化したコンサルタントへの相談をおすすめします。

メディカルキャリアナビでは、美容外科をはじめさまざまな人気の診療科の求人をご紹介。

さらにコンサルタントが先生の経歴や強みを整理し、選考を有利に進めるためのサポートをおこなうキャリア相談も実施しております。

美容外科への転職をお考えの方は、ぜひ進め一度メディカルキャリアナビへお問合せください。

まとめ

日本で美容外科医の専門医を認定しているのは、JSASとJSPASという2つの美容外科学会です。

JSASは幅広い診療科出身の美容外科医によって構成されており、それに対してJSPASは、主に形成外科医出身の美容外科医によって構成されています。

たしかに美容外科の手術には形成外科での経験が役立ちますが、かといって形成外科出身でないと美容外科医として活躍できないというわけではありません。

実際、日本では医師免許さえあれば美容外科医として働くことが可能で、その選択肢は直接美容外科に進む道、一般外科や他の診療科から美容外科に転職する道など実にさまざまです。

どのルートで美容外科医になったとしても、どちらの学会が認定する専門医になったとしてもそこに優劣はありません。

とくに美容外科学会においては、またお互いの団体に所属する医師間でも交流があるほか、2つの学会両方に所属している医師も多く存在しています。

このため美容外科医への転職やキャリアアップを考える際に、出身の診療科にこだわる必要はありません。

自分の思い描くキャリアプランに沿った選択・行動をとっていきましょう。

>>美容外科に転職するメリット・デメリットとは?未経験でも美容外科医になれる?

>>美容外科へ転科するメリットは?美容皮膚科との違いや失敗しないコツを解

\完全無料サポート/

今すぐキャリア相談

おすすめ求人

美容皮膚科 タカミクリニック(非常勤)

都内でオンライン診療(ニキビ問診)のみのお仕事です。
皮膚科の先生であれば週1日~勤務可能!

  • 美容皮膚科 タカミクリニック
  • 東京都港区
  • 年収:1,700万円
    日給:8万円
DMH新橋クリニック(常勤)

業界トップクラスのオンライン診療件数を誇る当院で
常勤医師を募集中!
事業拡大に向けスピーディーな変化を楽しみながらも、
患者様ファーストで主体的に動いていただけるメンバーを募集します。

  • DMH新橋クリニック
  • 東京都港区
  • 年収:1,700万円
    日給:8万円

記事検索

新着記事

カテゴリー

キーワード

関連する求人

美容外科美容皮膚科

2023年2月 新規開設院予定
LULAグループは、各地に新規開院を積極的に進めています。

医師や看護師、その他にもLULAグループを支えてくれる多くのスタッフを随時募集しております。

一緒に成長していける皆様とお会いできることを心よりお待ちしております。

  • ルラ美容クリニック 東京駅前院(常勤)
  • 東京都中央区
  • 年収:3,000万円
2022年11月16日
美容外科美容皮膚科脱毛専門その他

美容未経験の医師研修体制を強化!
全国展開する最大手美容クリニック!

  • SBC湘南美容クリニック 高崎院
  • 群馬県高崎市
  • 年収:2,200万円
2022年12月05日
美容皮膚科皮膚科

【連携の取れたチーム医療】

美容看護師、そのサポート役など、大勢のスタッフが揃っています。
ご不明点は事務スタッフをはじめ、すぐに周りに質問できる環境を整えておりますので、安心して診察に集中していただけます。

  • ゆうスキンクリニック 池袋院(非常勤)
  • 東京都豊島区
  • 年収:2,200万円
    日給:3.3万円
2024年02月06日
一般外科形成外科皮膚科

女性医師の院長が専門としている外科手術や内視鏡検査、肛門外科治療をメインに、性感染症内科などのデリケートなお悩みを持った患者さんの診療を行う為、プライバシーに配慮したクリニックを運営しております。

  • さくらメディカルクリニック
  • 愛知県名古屋市中区
  • 年収:2,200万円
    日給:10万円
2022年10月15日
美容外科美容皮膚科形成外科皮膚科泌尿器科

週3日~美容外科でのご勤務です!
美容外科のご経験のある先生お願いします!!

  • 医療法人社団千美会 ガーデンクリニック 横浜院
  • 神奈川県横浜市西区
  • 年収:1,500~5,000万円
    日給:10万円
2022年11月08日
美容皮膚科

北新地駅すぐのダイエットクリニックで週1日から働いてみませんか?
初期研修済みの未経験の方でも歓迎しております。

  • LIGHT CLINIC 大阪院
  • 大阪府大阪市北区
  • 年収:1,500~5,000万円
    日給:8万円
2023年07月23日
美容外科美容皮膚科皮膚科

名古屋エリア(新規開設)と首都圏・関西エリアで院長候補募集!
【ご自身のキャリアや、ご経験、知見を最大限活かせる環境】

  • 表参道メディカルクリニック 大阪院
  • 大阪府大阪市福島区
  • 年収:1,000~2,000万円
    日給:8万円
2022年11月04日
美容皮膚科

次世代型の医療技術で話題の痩身美容クリニックで非常勤募集中!
勤務日数も週1日からご相談可能です。

  • DIOクリニック 広島院
  • 広島県広島市中区
  • 年収:1,000~2,000万円
    日給:8~8.8万円
2023年07月17日
美容外科美容皮膚科

女性医師・女性スタッフのみのクリニックです!
形成外科専門医・美容外科専門医の院長が丁寧に指導し美容皮膚科領域を含めた技術向上の手助けをいたします!

  • すなおクリニック
  • 京都府京都市下京区
  • 年収:1,000~2,000万円
    日給:10万円
2023年08月02日
美容皮膚科その他

美容未経験の医師研修体制を強化!
全国展開する最大手美容クリニック!

  • SBC湘南美容クリニック 千葉センシティ院
  • 千葉県千葉市中央区
  • 年収:2,200万円
    日給:10万円
2022年12月05日

関連コラム

都道府県から医師求人情報を探す

科目から医師求人情報を探す

注目ポイントから医師求人情報を探す

勤務地から探す
都道府県から医師求人情報を探す
診療科目で探す
診察科目で医師求人情報を探す 
ポイントで医師求人情報を探す
ポイントで医師求人情報を探す 
新着の求人 
おすすめ求人