2024.04.08

不妊治療クリニックという新しい選択肢

おすすめ求人

医療法人 四つ葉会 東京院(常勤)

新規開院による常勤管理医師の募集です!
形成外科専門医、皮膚科専門医は優遇します。

  • 医療法人 四つ葉会 東京院
  • 東京都千代田区
  • 年収:1,800~2,200万円
    日給:8~12万円

今年2022年4月、不妊治療が保険の適用対象にされたのは、記憶に新しいのでご存じの方も多いでしょう。今までは、不妊の原因を明確にするための検査や診察だけが保険適用でしたが、今回より人工授精や体外受精、顕微授精など効果が出やすい治療法でも適用されますね。今後、不妊治療に対しての経済的負担や出産に対して前向きに考える方が増えることからも、不妊治療専門クリニック(ARTクリニック)が増えていくことが予想されます。

今回は、不妊治療専門クリニックの現状や今後の動向を紹介していきます。

知られざる不妊治療の現状

出所: 日本産科婦人科学会「ARTデータブック2019年版」
参考: 東洋経済オンライン データが示す「日本の不妊治療」の知られざる実態
注:体外受精児に顕微授精児を含む
https://toyokeizai.net/articles/-/541517

上のデータからも分かるように、2019年に総出生児数は86.52万人で、そのうち体外受精・顕微授精で生まれた子は6万598人で、過去最多を更新しました。年々、総出生児数は減少しており、数年の内に80万人を切ると言われています。ですが、体外受精での出生率は上昇しており、近年では14人に1人が体外受精で生まれていることから、生殖医療技術が発展を遂げてきたことは言うまでもありません。

そして、体外受精と顕微授精の総治療数も45万8101周期と、こちらも過去最多を更新しています。
なお、「周期」についてはあまり聞き覚えがないと思いますが、治療を行った月経周期(約28日間)の数を指します。不妊治療に関しては、1人の女性が年間に何回治療を行うかは決まっていないため、人数でカウントすることが難しく、生殖医療の分野ではこの単位が使われています。

そもそも不妊治療とは?

不妊治療について簡単に説明すると、妊娠・出産を希望しているにも関わらず一定期間(1年間)、妊娠の兆候がないカップルに対して行われる治療のことを一般的に指しますね。原因は必ずしも女性側だけにあるわけではなく、男性側にも存在する割合も少なくありません。不妊治療の方法として、大きく分けて3つの治療がございます。

  1. ホルモン療法
  2. 人工授精
  3. 体外受精(顕微授精)

ホルモン療法

女性の排卵障害がある場合や、黄体機能不全により着床障害が起こっていると考えられる場合などに行われます。 排卵誘発剤による治療が中心で、その他に飲み薬と注射薬があります。しかし、副作用で卵巣過剰刺激症候群 (OHSS)を起こしたり、多胎妊娠の可能性が高くなるなど、デメリットもあるので注意が必要です。

人工授精

子宮内に直接精子を送り込むことで、精子が卵と出会える確率を高めて自然妊娠を目指す治療です。人工授精と聞くと、人工的なイメージがあるかもしれませんが、排卵の時期に合わせて事前に採取していた精液を子宮内に直接注入するので、不妊治療の中では自然妊娠に一番近い方法と呼ばれています。

体外受精(顕微授精)

体外に女性の卵子を取り出しパートナーの精子と一緒にして受精させ、その受精卵を子宮に戻して着床を促す治療です。そして、体外受精の方法の1つである顕微授精は、細いガラス針の先端に1個の精子を入れて、顕微鏡で確認しながら卵子に直接注入する方法になります。通常の体外受精では、取り出した卵子に多数の精子を振りかけて自然に授精を促すやり方でした。しかし、顕微授精では一つの精子を顕微鏡で確認しながら卵子に注入するため、今まで改善が難しいと言われていた男性不妊症の改善を可能にしました。

今後の不妊治療の展望

始めにもお伝えしましたが、現在日本は不妊治療の総治療数が45万8101周期と世界でも米国に次いで二番目に高い数字になっていて、普段生活していく中で耳にする機会は増える事でしょう。しかし、1回の治療に対する妊娠率は約10%と非常に低く、不妊治療が活発な米国が約40%と比較してみると差が大きいと言えます。その理由として、日本では晩婚化が進んでいるため、40歳以上の患者が半数以上を占めている事が原因だと考えられます。ただ、問題の根底にあるのは、不妊治療の専門医の不足、不妊治療の重要性を発信出来ていないことで起きる情報不足によるものでありますので、まずはこの部分を改善する必要があります。

今後、不妊治療の保険適用開始が始まったことにより、今まで以上に不妊治療を認知し通院される方は増える事でしょう。その中で、不妊治療専門クリニックは年々増加傾向にあり、これからも増えていくと考えられます。メディカルキャリアナビでも、不妊治療専門クリニックの求人がございますので、ぜひご覧ください。

ご興味がありましたらこちらから→おすすめの不妊治療専門クリニック

友だち追加

\完全無料サポート/

今すぐキャリア相談

おすすめ求人

医師/非常勤/美容クリニック/名古屋市中区/週1日~相談可能
  • 愛知県名古屋市中区
  • 年収:1,800~2,200万円
    日給:8~12万円
医療法人 四つ葉会 東京院(常勤)

新規開院による常勤管理医師の募集です!
形成外科専門医、皮膚科専門医は優遇します。

  • 医療法人 四つ葉会 東京院
  • 東京都千代田区
  • 年収:1,800~2,200万円
    日給:8~12万円

記事検索

新着記事

カテゴリー

キーワード

関連する求人

美容皮膚科皮膚科

マイカー通勤が可能な仙台市内の皮膚科クリニックです。
小さなお子様がいらっしゃっても働きやすいので、ママさんDrにオススメです!

  • ファミリアクリニック御町
  • 宮城県仙台市若林区
  • 日給:8~10万円
2024年04月28日
美容外科美容皮膚科

美容未経験の医師研修体制を強化!
全国展開する最大手美容クリニック!

  • SBC湘南美容クリニック 金山院
  • 愛知県名古屋市中区
  • 年収:2,200万円
    日給:8~10万円
2022年12月19日
美容外科男性美容一般外科泌尿器科

男性美容業界をリードしてきた当院で全国の悩める男性たちを救いながら、
医師としてさらにステップアップしませんか?

  • ABCクリニック美容外科 大宮院
  • 埼玉県さいたま市大宮区
  • 年収:2,200万円
    日給:7万円
2023年09月01日
産婦人科婦人科その他

2023年2月より大阪梅田に新規開院の不妊治療クリニックで働いてみませんか?

  • にしたんARTクリニック 大阪院
  • 大阪府大阪市北区
  • 年収:2,200万円
    日給:12万円
2023年01月23日
脱毛専門

年収2000万円以上も可能です(開設管理料・出勤日によって変動)
吉祥寺駅より徒歩1分にある脱毛クリニックです!

  • エーレクリニック 吉祥寺院
  • 東京都武蔵野市
  • 年収:1,700~2,100万円
    日給:12万円
2022年12月07日
美容外科美容皮膚科形成外科皮膚科

経験により時給15,000円も可能
週1日~相談できます

  • 兵庫県神戸市灘区
  • 年収:1,700~2,100万円
    日給:8~12万円
2024年05月08日
美容外科美容皮膚科

東京・渋谷駅近くの美容クリニックで常勤医師として働いてみませんか?

  • エス ビューティー クリニック
  • 東京都渋谷区
  • 年収:1,700~2,100万円
    日給:8~12万円
2023年03月19日
美容皮膚科皮膚科小児科

私たちは、患者様が数多くある皮膚科クリニックの中から「選んでよかったと思えるクリニックを実現する」ことを目指し、スタッフ一丸となり取り組んでおります。
明るくてチームワークのとれる方を募集しております。皮膚科・美容医療に興味がある方、お子様が好きな方、是非一緒に働いてみませんか。

  • あつた皮ふ科クリニック
  • 愛知県名古屋市中川区
  • 年収:1,700~2,100万円
    日給:8~12万円
2022年10月11日
婦人科

2023年7月開院予定の横浜駅近くの婦人科クリニックで働いてみませんか?
日勤のみ、シフト相談可能のため、育児やプライベート、研究等と両立した働き方が可能です。

  • ルナレディースクリニック 横浜院
  • 神奈川県横浜市西区
  • 年収:2,200~2,600万円
    日給:8~12万円
2023年03月08日
New
美容皮膚科形成外科皮膚科

京都市営地下鉄「丸太町駅」すぐの美容皮膚科クリニックです。
時短勤務相談可能、土午後・日祝休みとママさんDrが働きやすい環境が整っています!

  • 御所南はなこクリニック
  • 京都府京都市中京区
  • 年収:1,000~1,300万円
    日給:8~12万円
2024年05月14日

関連コラム

都道府県から医師求人情報を探す

科目から医師求人情報を探す

注目ポイントから医師求人情報を探す

勤務地から探す
都道府県から医師求人情報を探す
診療科目で探す
診察科目で医師求人情報を探す 
ポイントで医師求人情報を探す
ポイントで医師求人情報を探す 
新着の求人 
おすすめ求人