2024.05.10

皮膚科に女性医師が多い理由は?仕事内容や働きやすい診療科を紹介

おすすめ求人

アスク美容クリニック銀座(常勤)

『患者様の喜びが全て』という理念のもと、悩みに全力で向き合い、一人でも多くの方にご満足をお届けできるクリニックを目指しています。
完全予約制のクリニックのため、残業もほとんどありません。仕事とプライベートの両立を重視されている方におススメです。

  • アスク美容クリニック銀座
  • 東京都中央区
  • 年収:1,600万円
DMH新橋クリニック(常勤)

業界トップクラスのオンライン診療件数を誇る当院で
常勤医師を募集中!
事業拡大に向けスピーディーな変化を楽しみながらも、
患者様ファーストで主体的に動いていただけるメンバーを募集します。

  • DMH新橋クリニック
  • 東京都港区
  • 年収:1,700万円
美容皮膚科 タカミクリニック(非常勤)

都内でオンライン診療(ニキビ問診)のみのお仕事です。
皮膚科の先生であれば週1日~勤務可能!

  • 美容皮膚科 タカミクリニック
  • 東京都港区
  • 年収:1,700万円
    日給:8万円

皮膚科は、女性医師にとって働きやすい診療科の一つとして知られています。その理由には、夜勤や残業が少なく、プライベートとのバランスを取りやすい環境が整っていることが挙げられます。

また、出産や育児といったライフステージの変化にも柔軟に対応できる点が魅力でしょう。本記事では、皮膚科に女性医師が多い理由や皮膚科医の仕事内容、そして女性医師にとって働きやすい診療科を詳しく解説します。



皮膚科医としてのキャリアを考えている女性医師や、医学生はぜひ参考にしてください。

皮膚科に女性医師が多い理由

皮膚科に女性医師が多い理由

皮膚科は、女性医師にとって魅力的な診療科の一つです。その理由は多岐にわたりますが、特に以下の3点が挙げられます。

オン・オフがはっきりしている

皮膚科は緊急性の高い疾患を扱うことが少ないため、夜勤や当直、オンコールの必要性が他の診療科に比べて低いです。そのため定時での勤務が可能となり、プライベートな時間を確保しやすくなります。

皮膚科では、予約制を取り入れているクリニックが多く、医師が自身の勤務時間をある程度コントロールしやすい環境が整っているのも理由です。

また皮膚科の治療は長期にわたるケースがほとんどで、患者との信頼関係を築きやすいです。そのため医師自身が働きやすい環境を作り出すことができ、ストレスの軽減にもつながります。

アトピー性皮膚炎の増加による人手不足

現状ではアトピー性皮膚炎の患者数が増加しており、皮膚科医の人手不足が深刻な問題となっています。
軽度から重度まで含めると、アトピー性皮膚炎の患者数は全国に50万人以上いると言われており、今後も増加する傾向にあります。そのため皮膚科医の数が需要に追いついていないのが原因です。

美容皮膚科の分野が成長している

美容皮膚科の分野は、近年大きく成長しています。美容に関心が高い女性医師が、この分野に魅力を感じて進出するケースが増えています。

美容皮膚科は、患者とのコミュニケーションが重要なので、女性医師がその能力を活かせる場となっています。また、高収入を得られる可能性もこの分野の魅力の一つです。

皮膚科の仕事内容

皮膚科の仕事内容

皮膚科の仕事は内科系疾患や外科系疾患など多岐にわたります。以下では皮膚科の仕事内容を詳しく解説します。

アトピーや水疱瘡などの内科系疾患

皮膚科医は皮膚疾患だけでなく、内科系疾患に関する知識も必要です。例えばアトピー性皮膚炎や水疱瘡などの治療には、皮膚の病理診断能力や外科的技術、アレルギーや先天性疾患に関する知識が求められます。

アトピー性皮膚炎は、身体に現れるかゆみを伴う慢性的な湿疹で、重症度は時間とともに変動します。また、年齢とともに皮膚の症状も変化するのが特徴です。

治療には適切なステロイド外用薬の使用、保湿ケア、経口抗アレルギー薬の投与、患者の状態に合わせた生活指導も含まれます。
これらの疾患は、皮膚科医にとって日常的に取り扱う重要な病態で、患者のQOL向上(生活の質)に貢献するための専門的な知識と技術が求められます。

悪性黒色腫などの外科系疾患

皮膚科医は、悪性黒色腫を含む外科系疾患の診断と治療にも携わります。悪性黒色腫は、皮膚のメラニン色素を作る色素細胞ががん化した腫瘍で、一見、ほくろのように見えることがあります。

この疾患は悪性で、早期発見と適切な治療が非常に重要です。皮膚科医は、悪性黒色腫の外科的切除、薬物療法、放射線療法など、患者の状態に応じた治療プランを立てます。

特に外科的切除は、悪性黒色腫の治療において基本的かつ効果的な方法の一つです。皮膚科医は、患者の皮膚状態を詳細に観察し、悪性黒色腫の可能性がある場合は、迅速に診断と治療を行う必要があります。

このように皮膚科医の仕事は、外科系疾患の診断と治療においても患者の生命を守る重要な役割を果たしています。

皮膚病理学

皮膚病理学は皮膚科医にとって不可欠な分野で、皮膚の病理組織学的変化を理解し、それをもとに正確な診断を下す能力が求められます。

この分野は皮膚の病理的変化を詳細に観察し、疾患の原因を特定することに重点を置いています。ただし皮膚科医は皮膚病理学だけでなく、内科学、外科学、診断病理学のスキルも必要です。

また皮膚腫瘍、アレルギー、結合組織疾患、先天性疾患に関する知識も求められます。皮膚病理学は、疾患の原因を特定し、正確な診断と効果的な治療に貢献します。

皮膚科医の平均年収

皮膚科医の平均年収

皮膚科医の年収と一般の医師の年収を比較しました。これから皮膚科医を目指すにあたり、ぜひ参考にしてください。

皮膚科医の平均年収は約1,000万円

独立行政法人 労働政策研究・研修機構「勤務医の就労実態と意識に関する調査」によれば、皮膚科医の平均年収は1,078万円でした。

また厚生労働省「令和4年賃金構造基本統計調査」によると、女性医師の平均年収は約1,138万円です。皮膚科医と比べてやや高めですが、脳神経外科や外科には女性医師が少ないことから、それほど大差ないことがわかります。

年齢別・雇用形態別で女医の平均年収を詳しく知りたい方は下記をご覧ください。
>>気になる女医の年収は?年齢・診療科・雇用形態ごとの平均について解説

美容皮膚科医の平均年収は1,500万円

美容皮膚科医は、美容と健康を支える重要な役割を担っています。主な仕事内容は、レーザーによるしわやしみの改善、医療脱毛、肌質の向上など、患者の外見に関するさまざまな悩みに対応することです。

また、患者とのコミュニケーション、受付、手技による治療、SNSでの情報発信なども重要な業務の一部です。美容皮膚科医の年収は、一般的な皮膚科医よりも高く、平均で1,500万円程度とされていますが、地域や経験、スキルによって大きく変わることがあります。

美容皮膚科医の勤務時間も皮膚科と同様、一般的な病院の医師と比べて比較的柔軟で、夜勤がない日勤のみの勤務となります。

また美容クリニックへの転科や美容皮膚科へ転職したい方はメディカルキャリアナビの求人募集をチェックしましょう。
>>メディカルキャリアナビ 美容皮膚科の求人

皮膚科以外に女性医師が働きやすい診療科

皮膚科以外に女性医師が働きやすい診療科

女性医師にとって働きやすい診療科は、ワークライフバランスや勤務形態の柔軟性、専門性の高さなど、さまざまな要因によって異なります。

ここでは女性医師が多い眼科、麻酔科、産婦人科、小児科の4つの診療科に焦点を当て、それぞれの特徴を紹介します。

眼科

眼科は夜間の緊急手術が少ないため、定時の勤務が可能でワークライフバランスを保ちやすいとされています。

また眼科では、患者と長期にわたって関わることが多く、コミュニケーションや関係性を大切にする女性医師にとってやりがいのある職場環境でしょう。

労働政策研究・研修機構による「勤務医の就労実態と意識に関する調査」によると、 眼科医の平均年収は1,078万円でした。経験や年齢が上がるに連れて年収も高くなり、50代前半になると1,700万円代となり、高収入を十分に狙えます。

眼科の仕事内容は検査技師がいる場合、医師のアシスト、患者への検査説明(眼底検査や視野検査など)、採血や注射などの看護業務、目薬の指導などです。

その他にも受付、保険証の確認、診察券の管理、電話対応、診療後の会計処理などもあります。

麻酔科

麻酔科は手術のスケジュールが予測しやすく、夜間や休日の緊急対応が少ないため、プライベートの時間を確保しやすいとされています。

病院では妊婦や育児中の女性医師に対して、勤務時間の調整やサポート体制が整っている場合が多く、長期的なキャリア形成を支援しているのが特徴です。

女性麻酔科医の平均年収は約1,282万円とされており、男性医師と比べると全体的にやや低めですが、医師全体の平均年収と比較すると十分な水準にあります。

また麻酔科医の仕事は、手術の安全性を確保し、患者の身体への負担とストレスを軽減することです。具体的には、術前の回診や症例検討、麻酔と器具の準備、手術中の麻酔管理と患者のバイタル管理、術後の回診などが挙げられます。

産婦人科

女性特有の健康問題に対して、女性医師は患者との共感や理解を深めやすいという利点があります。

産婦人科では、勤務形態によっては夜間や休日の緊急対応が必要になるケースがありますが、医療機関によっては十分な医師数や充実した保育支援を提供しているところもあります。

産婦人科医の平均年収は1,466万円とされており、外科医の平均年収と比較しても高い水準です。

産婦人科医は妊娠・出産の管理から、婦人科疾患の診断・治療、不妊治療、更年期障害のケアまで、女性の一生にわたってサポートする仕事なので、やりがいを感じられるでしょう。

また、緊急時の対応や夜間勤務が多く、精神的・肉体的にも要求されることから、その分給与は高くなる傾向にあります。

小児科

小児科は子どもたちの一般的な病気でもある麻疹、水疱瘡、喘息などの治療を主に行います。新生児科では、早産児などの管理を含むNICU(新生児集中治療室)でのケアを担当することもあります。

小児科医の平均年収は約1,220万円です。他の医療専門職と比較してやや低いものの、週の労働時間は他の専門職よりも長い傾向にあります。

小児科は女性医師の割合が高く、非正規雇用やパートタイムで働く医師も多いです。

女性医師に関するよくある質問

女性医師に関するよくある質問

医療業界において女性医師が増加している中で、いまだに男性医師と比較されることが多いです。以下では女性医師に関するよくある質問をまとめました。

なぜ女性外科医が少ないのでしょうか?

女性外科医が少ない理由には、いくつかの要因が考えられます。それは仕事を継続するためには家事や育児ができないことに加え、十分な育児施設の不足が妨げとなっている背景にあります。

また、日本における男性医師と女性医師の比率は依然として男性が圧倒的に多く、女性医師の数が少ない状況です。外科医になる女性の比率が低く、女性が外科医になることが難しいともいわれています。

さらに、女性外科医はどの外科手術でも男性外科医よりも手術件数が少なく、年齢とともにこの差は広がる傾向にあります。
女性外科医が少ない理由は多岐にわたり、社会的な偏見や制度的な問題、個人のキャリア選択に至るまでさまざまな要因が絡み合っているのです。

皮膚科の開業医は儲かりますか?

皮膚科の開業医の平均的な年収は約2,792万円で一般的な勤務医の約2.6倍に相当します。

ただし開業に必要な資金は、レーザー機器を導入しない場合でも約500万円、導入する場合は約1,500万円かかります。初期費用がかなりかかるため、開業する前に十分な資金準備が必要です。

また収入がすべて医師に入るわけではないことも念頭に置きましょう。

女性医師の離職理由は何ですか?

女性医師が離職する理由は、出産や育児といったライフステージの変化によるものが大きいとされています。また、ワークライフバランスを重視する傾向があり、十分な医師数と充実した育児支援体制を備えた医療機関での勤務を望むことが多いです。

転職を考える際には、譲れない条件を明確にすることや福利厚生などを確認し、希望する働き方との相性や職場環境を評価することが推奨されます。

まとめ

皮膚科は、女性医師にとって働きやすい環境が整っている診療科の一つです。家庭と仕事のバランスを両立しやすいことから、女性医師に選ばれる傾向にあります。

また、仕事内容も多岐にわたり、体力的・精神的な負担が少ないため、長期的なキャリアを築きやすいです。

メディカルキャリアナビでは、医療業界でのキャリアや自分に合った転職を考えたい方に向けたサービスを展開しています。

皮膚科だけではなく、女性が働きやすい医療系の職場も多数ご用意しているので、気になる方はぜひ一度お問い合わせください。

あなたに合った診療科を見つけましょう。

無料相談やお問い合わせはこちらから

\完全無料サポート/

今すぐキャリア相談

おすすめ求人

アスク美容クリニック銀座(常勤)

『患者様の喜びが全て』という理念のもと、悩みに全力で向き合い、一人でも多くの方にご満足をお届けできるクリニックを目指しています。
完全予約制のクリニックのため、残業もほとんどありません。仕事とプライベートの両立を重視されている方におススメです。

  • アスク美容クリニック銀座
  • 東京都中央区
  • 年収:1,600万円
    日給:8万円
DMH新橋クリニック(常勤)

業界トップクラスのオンライン診療件数を誇る当院で
常勤医師を募集中!
事業拡大に向けスピーディーな変化を楽しみながらも、
患者様ファーストで主体的に動いていただけるメンバーを募集します。

  • DMH新橋クリニック
  • 東京都港区
  • 年収:1,700万円
    日給:8万円
美容皮膚科 タカミクリニック(非常勤)

都内でオンライン診療(ニキビ問診)のみのお仕事です。
皮膚科の先生であれば週1日~勤務可能!

  • 美容皮膚科 タカミクリニック
  • 東京都港区
  • 年収:1,700万円
    日給:8万円

記事検索

新着記事

カテゴリー

キーワード

関連する求人

脳神経内科精神科心療内科

日本最大規模![ライトな症状の方向け]自由診療の総合メンタルクリニックとして、生きづらさで悩む方々へ様々な選択肢を!

  • ブレインクリニック 大阪院
  • 大阪府大阪市北区
  • 年収:2,500~5,000万円
2024年03月15日
AGA専門

《美容ではない、植毛専門外科》自毛植毛手術に特化した専門クリニック

  • 医療法人社団三幸音和会 親和クリニック 新宿院
  • 東京都新宿区
  • 年収:2,000~3,000万円
2022年11月21日
美容外科美容皮膚科

美容未経験の医師研修体制を強化!
全国展開する最大手美容クリニック!

  • SBC湘南美容クリニック 奈良院
  • 奈良県奈良市
  • 年収:2,200万円
2022年12月02日
美容外科美容皮膚科

【美容医療未経験者でも歓迎!業界No.1の高待遇】
急成長中の美容外科クリニック、TCB東京中央美容外科の船橋院で常勤医師を募集!

  • TCB東京中央美容外科 船橋院
  • 千葉県船橋市
  • 年収:3,000~20,000万円
2024年01月04日
精神科心療内科

国分寺駅すぐのメンタルクリニックでストレスなく働いてみませんか?

  • 国分寺イーストクリニック
  • 東京都国分寺市
  • 年収:1,400~1,600万円
2022年12月06日
精神科心療内科

千葉県でも珍しい睡眠専門クリニックで診療してみませんか?
海浜幕張駅徒歩3分の好立地!近隣駐車場も豊富で車通勤もOKです!

  • Sleep Rest Clinic 幕張
  • 千葉県千葉市美浜区
  • 年収:1,400~1,600万円
    日給:4~7.5万円
2023年04月12日
美容外科男性美容一般外科泌尿器科

男性美容業界をリードしてきた当院で全国の悩める男性たちを救いながら、
医師としてさらにステップアップしませんか?

  • ABCクリニック美容外科 横浜院
  • 神奈川県横浜市西区
  • 年収:1,800~4,000万円
    日給:4~7.5万円
2023年09月01日
美容皮膚科

美容経験のある常勤医師を募集中!
定時勤務かつ残業が少ないので、ワークライフバランスを重視の方必見です!

  • Natural Skin Clinic
  • 東京都渋谷区
  • 年収:1,440~1,800万円
    日給:4~7.5万円
2023年12月22日
美容皮膚科

次世代型の医療技術で話題の痩身美容クリニックで常勤医師募集中!
勤務日数も週3日からご相談可能です。

  • DIOクリニック 関西エリア
  • 大阪府大阪市北区
  • 年収:1,500~2,700万円
    日給:4~7.5万円
2023年07月17日
美容皮膚科脱毛専門形成外科皮膚科

私たちリアラクリニックは医療脱毛を通して、すべての女性がより美しく、より自分らしく素敵な人生を送るためのお手伝いをしています。
患者様の笑顔のために一緒に働いて頂ける仲間のお待ちしています。

  • 医療法人天普会 リアラクリニック 名古屋栄院
  • 愛知県名古屋市中区
  • 年収:1,200~2,000万円
    日給:4~7.5万円
2022年10月16日

関連コラム

都道府県から医師求人情報を探す

科目から医師求人情報を探す

注目ポイントから医師求人情報を探す

勤務地から探す
都道府県から医師求人情報を探す
診療科目で探す
診察科目で医師求人情報を探す 
ポイントで医師求人情報を探す
ポイントで医師求人情報を探す 
新着の求人 
おすすめ求人